図書局員のおすすめ本


★令和 元年5月~令和 2年2月までの分はこちら

★令和 2年6月~令和 3年4月までの分はこちら

★令和 3年5月~令和 4年4月までの分はこちら


テーマ: 「 北海道 」(R4・7~8月)

 

書名 著者 出版社 分類番号 備考
北海道わくわく地図えほん 堀川真/文・絵、北海道新聞社/編 北海道新聞社 726.5 *別置記号:E
サムネを見て、かわいくてえらびました。
北の大地に移り住む 北海道で生活するための完全マニュアル 十勝編 メディアボックス、十勝毎日新聞社/編 TBSブリタニカ 291.1
(内容が)北海道についてかかれたものだから(選びました)。
北海道野生動物の痕跡を読む エコ・ネットワーク/編 北海道新聞社 481.7
北海道の動物に興味があったので選びました。
お菓子のくに 帯広・十勝 北海道新聞帯広支社編集部/編 北海道新聞社 588.3
十勝のお菓子屋がたくさんのっているから(選びました)。
北海道文学地図 北海道文学館/編 北海道新聞社 910.29
(本が)かなり古いものではあったが、内容もとてもよく、時間をかけて読むのが楽しかった。
北海道文学史 明治編 木原直彦 北海道新聞社 910.26
昭和に書かれていた(出版されていた)本で、少し文にクセがあり読むのに一苦労したが、それ以上におもしろかった。
透明な夜の香り 千早茜(北海道出身) 集英社 913.6
北海道出身の作家さんと書いてあって興味がわいたから(選びました)。
あやしい探検隊 北海道物乞い旅 椎名誠 角川書店 915
何があやしいのか気になってえらびました。
大泉エッセイ 僕が綴った16年 大泉洋(北海道出身) メディアファクトリー 914.6
北海道といえば 大泉洋 だから(選びました)。
明日の僕に風が吹く 乾ルカ(北海道出身) 角川書店 913.6
以前、この本を読み、北海道(の島)が舞台でいちばんに思いついた作品で、とてもオススメしたい素敵な本なので選びました。
世界に一軒だけのパン屋 地産地消で年商十億円 北海道『満寿屋』三代の奇跡 野地秩嘉 小学館 916
十勝にあるパン屋「マスヤ」の物語だから(選びました)。
泣ける!北海道 リンダパブリッシャーズ編集部/編 リンダパブリッシャーズ 913.6
北海道民は北海道のことをもっと知るべきである(と思ったので選びました)。
北海道「地理・地名・地図」の謎 北村崇教・本郷敏志/監修 実業之日本社 291.1
函館・札幌・根室には「県」が最後についていたというのが書いてあって、衝撃をうけたから(選びました)。
1時間でわかるアイヌの文化と歴史 瀬川拓郎/監修 宝島社 389
アイヌ文化を知ってほしいと思ったから(選びました)。
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 太田紫織(北海道出身) KADOKAWA 913.6 *別置記号:B
北海道の地を舞台とした小説だから(選びました)。
ふるさと銀河線 軌道春秋 高田郁 双葉社 913.6 *別置記号:B
北海道にゆかりがある作品だから(選びました)。
おいしく食べよう 十勝のテンペ クナウマガジン 596.3
十勝のテンペとは何か知りたくなりました。
いま学ぶ アイヌ民族の歴史 加藤博文・若園雄志郎/編 山川出版社 389.1
北海道に関連する所(棚)にあったから(気になったので選びました)。
北海道を食べよう「十勝の食材」丸ごとクッキング 十勝郷土料理研究会/編 ソーゴー印刷 596.3
わたしもこの本でクッキングしたい(と思い選びました)。
汽車通学 矢野直美(北海道出身) メディアファクトリー 748
汽車通学する人たちの本で、友達が見ていておもしろそうだったので選びました。
北の国のシマリス 矢部志朗 パイ・インターナショナル 748
シマエナガの本もかわいかったのですが、シマリスとエゾリスの違いなどが見れて楽しそうだったので選びました。
シマエナガちゃん 小原玲 講談社 748
北海道の可愛いシマエナガを紹介したかったから(選びました)。
アイヌ・モシリの風 チカップ美恵子 NHK出版 914.6
アイヌの独特な文化が気になるから(選びました)。
神さまたちの遊ぶ庭 宮下奈都(北海道に一時移住) 光文社 914.6
十勝が舞台なことが(書いて)あって、選んだ。
札幌アンダーソング 小路幸也(北海道出身) 角川書店 913.6
「札幌」と北海道の地名が書いてあったから(選びました)。
金木犀とメテオラ 安壇美緒(北海道出身) 集英社 913.6
表紙のイラストがきれいできになったから(選びました)。
北海道ルール 北海道なんもなんも!ライフを楽しむための48のルール 都会生活研究プロジェクト【北海道チーム】 中経出版 382.1
北海道ならではのルールが気になるから(選びました)。
マンガ ほっかいどう弁 北海道新聞社/編 北海道新聞社 818.1
北海道の方言について興味をもってのぞいてみたら意外と知らないことが多かったので。
ゴールデンカムイ 野田サトル 集英社 726 *別置記号:M
アイヌ文化、そして日本の過去について知ることができるのではないかと思った(ので選びました)。
君に届け 椎名軽穂 集英社 726 *別置記号:M
北海道(が舞台)の漫画といえばコレ(だと思ったので選びました)。
アイヌと縄文 もうひとつの日本の歴史 瀬川拓郎 筑摩書房 389
北海道の歴史を知れる良い本だった。
アイヌ学入門 瀬川拓郎 講談社 389
アイヌ文化を学ぶには最適な本だった。
アイヌの昔話 ひとつぶのサッチポロ 萱野茂 平凡社 388
北海道といえばアイヌ。アイヌの物語も気になったため(選びました)。
クマにあったらどうするか アイヌ民族最後の狩人 姉崎等 姉崎等/語り手、片山龍峯/聞き手 筑摩書房 916 *別置記号:B
北海道といえばクマ、というイメージも少なからずあるので、万が一にそなえたいから。
おおはくちょうのそら 手島圭三郎 絵本塾出版 726.5 *別置記号:M
はくちょうが好きなのでえらびました。
先住民アイヌはどんな歴史を歩んできたか 坂田美奈子 清水書院 375.324
(北海道の)昔の歴史を知れると思ったから(選びました)。
北海道オーロラ町の事件簿 町おこし探偵の奮闘 八木圭一 宝島社 913.6 *別置記号:B
北海道の十勝が舞台で身近だったからです。
寝ても覚めてもアザラシ救助隊 岡崎雅子 実業之日本社 913.6
先生が(北海道の本だと)ピックアップしていたので!!
ニューエクスプレス アイヌ語 中川裕 白水社 829.2
アイヌ語が今(の言葉)と全然ちがくておもしろいと思ったから(選びました)。
アイヌ語地名で旅する北海道 北道邦彦 朝日新聞出版 291.1
北海道といえば アイヌ だと思ったからです。
しんせかい 山下澄人 新潮社 913.6
北海道らしい本だったのでえらびました!
ひまわりのかっちゃん 西川つかさ 講談社 913.6
(表紙の絵の)顔がツボ(おもしろいの)で・・・





テーマ: 「 雨 rain 」(R4・6月)

 

書名 著者 出版社 分類番号 備考
気象予報士の仕事がわかる本 法学書院編集部/編 法学書院 451
気象予報士について沢山知れそうだと思ったので選びました。
世界中が雨だったら 市川拓司 新潮社 913.6
本の表紙の独特さにひかれたから(選びました)。
水恋 喜多嶋隆 角川書店 913.6
サムネがかわいかった(から選びました)。
すべての雲は銀の・・・ 村山由佳 講談社 913.6
表紙に目が行った・かわいい(と思ったので選びました)。
傘を持たない蟻たちは 加藤シゲアキ 角川書店 913.6
短編集が好きで、雨もすきなので選びました。
雲 (百年文庫) トーマス・マンほか ぽぷら社 908.3
有名な短篇がこのシリーズには多く並んでいるので、他のシリーズも含めオススメしたくなる本だった。
地下街の雨 宮部みゆき 集英社 913.6 *別置記号:B
作者さんが気になったのと、題名が面白そうだったため(選びました)。
黒い雨 井伏鱒二 新潮社 913.6 *別置記号:B
原爆は、ひどい物だと改めて考えさせられる内容だった。
この恋は世界でいちばん美しい雨 宇山佳佑 集英社 913.6
切ないラブストーリーでとても感動したし、感情移入してしまうくらい、見入ってしまう本でした。
雨の日のネコはとことん眠い 加藤由子 PHP研究所 645.6
ねこが好きだったのと、雨が(タイトルに)入っていたため
雨の名前 髙橋順子・佐藤秀明 小学館 904
開くと詩などもあり、(雨を知る)意欲を深めさせるのにピッタリな本だった。
晴れた朝それとも雨の夜 泉啓子 童心社 913.6
タイトルの表現にひかれたから(選びました)。
虹が・・・ 佐藤愛子 角川書店 913.6
ロマンチックを感じました。
ずぶぬれて犬ころ 住宅顕信 中央公論新社 911.368
(表紙の)犬がとてもかわいくて、(本の)中の絵も変わったかんじですごいと思ったから(選びました)。
雨 rain 秋月さやか・高橋真澄 青菁社 748
6月のテーマにぴったりで雨についてのあれこれが知れそうだなと思いました。
おおかみこどもの雨と雪 細田守 KADOKAWA 913.6 *別置記号:B
人種としての差を考えさせられるいい物語だから(選びました)。
三途の川で落としもの 西條奈加 幻冬舎 913.6
三途の川は死と生のさかいめだとよく言われているが、そういわれている三途の川でどんな物語がくりひろげられるのか気になったため(選びました)。
水の眠り 灰の夢 桐野夏生 文藝春秋 913.6 *別置記号:B
雨といえば水だし、水に関係したミステリーだから(選びました)。
風神の手 道尾秀介 朝日新聞出版 913.6
風がふいて雨雲が移動して雨がふるという意味を込めてこの本を選びました。
風をつかまえて 高嶋哲夫 NHK出版 913.6
表紙が気になったから(選びました)。
ひとがた流し 北村薫 朝日新聞社 913.6
雨というタイトルで雨ではないが流す涙の雫を雨に連想して選びました。
ずぶぬれの木曜日 エドワード・ゴーリー 河出書房新社 726.5 *別置記号:E
雨にまつわる話を中心に物語がすすんでいくから(選びました)。
静かな雨 宮下奈都 文藝春秋 913.6
以前同じ作者さんの小説を読んだことがあり、興味が湧いたので選びました。
水辺のブッダ ドリアン助川 小学館 913.6
絶望感と希望を両方感じることができる。
あめふらし 長野まゆみ 文藝春秋 913.6
あらすじがおもしろそうだったのと、表紙のクモが気になったから選びました。
海に願いを風に祈りを そして君に誓いを 汐見夏衛 スターツ出版 913.6 *別置記号:B
おもしろそうだと思ったから(選びました)。
雨の降る日は学校に行かない 相沢沙呼 集英社 913.6
①雨にまつわるお話しだから(選びました)。②表紙のイラストがきれいなのと、声優の坂本真織さんがコメントを書いていたので選びました。
雨にもまけず粗茶一服 松村栄子 マガジンハウス 913.6
テーマが「雨」で、雨にもまけず粗茶一服と雨に打たれながらお茶を飲んでいる様子が思いうかんだから(選びました)。
校庭に、虹は落ちる 赤川次郎 新潮社 913.6
雨が上がった後に虹が出てくるという連想で、虹のタイトルをえらびました。
君がいる時はいつも雨 山田悠介 文芸社 913.6 *別置記号:B
謎の男の子があらわれるときに雨が必ずふるから(テーマに合ってると思い選びました)。
にじいろガーデン 小川糸 集英社 913.6
水(雨)がテーマで、ガーデンという名前の水があるのかなと思ってえらびました。
一瞬の雲の切れ間に 砂田麻美 ポプラ社 913.6
タイトルにひかれたから(選びました)。
水の名前 内山りゅう 平凡社 748
水に名前があるのか と思ってえらびました。
碧空時雨 綾崎隼 KADOKAWA 913.6 *別置記号:B
普段読まないタイプの本だったのと、伏線が多いらしかったから。
虹の図鑑 しくみ・種類・観察方法 武田康男 緑書房 451.75
たくさんにじがうつっててかわいかったのでえらびました!!
雲 cloud 秋月さやか・高橋真澄 青菁社 748
表紙の写真が綺麗だったからです。
しずく 西加奈子 光文社 913.6
ひょうしのねこがかわいかったのでえらびました!!
虹物語 杉山久仁彦・髙橋真澄 青菁社 451.75
雨の後の虹がきれいで好きだし、写真でもはっきり見えてて、色々なのがのってるから(選びました)。
幸せのしずく 浅井美紀 扶桑社 748
しずくの中に周りの背景が見えてめっちゃきれいだったから(選びました)。
雷の季節の終わりに 恒川光太郎 角川書店 913.6
読んでみるととても面白い本だった。
レイン 雨の日に生まれた戦士 吉野匠 アルファポリス 913.6





テーマ: 「 color~色~ 」(R4・5月)

 

書名 著者 出版社 分類番号 備考
暗黒女子 秋吉理香子 双葉社 913.6
暗黒にひかれてみてみたら、内容のサスペンスさにひかれたので(選びました)。
こんぺいとう  美嘉 アスキー・メディアワークス 913.6 *別置記号:B
金平糖は色々な「color」があると思ったから(選びました)。
ブルーピリオド 山口つばさ 講談社 726 *別置記号:M
美術で色の説明したりしてるから(テーマに合ってると思い選びました)。
青くて痛くて脆い 住野よる 角川書店 913.6
題名が気に入ったのでえらんだ。
日本人にとって美しさとは何か 高階秀爾 筑摩書房 701.1
色は美しいものだから(テーマに合ってると思い選びました)。
マンダラ塗り絵 スザンヌ・F・フィンチャー 春秋社 725
”色”を使って塗り絵をするから(テーマに合ってると思い選びました)。
カラフル 森絵都 理論社 913.6
題名を見て、内容を読んだらおもしろかったので選びました。
いちご 荒井真紀 小学館 726.5 *別置記号:E
いちごがかわいかった(ので選びました)。
はらぺこあおむし エリック・カール 偕成社 726.5 *別置記号:E
絵がきれいで、1つのページにたくさん色が使われているから選びました。
山羊座 石井ゆかり WAVE出版 148.8
表紙がカラフルでかわいかったから(テーマに合ってると思い選びました)。
世界でいちばん素敵な 色の教室 橋本実千代/監修 三才ブックス 757.3
あまり聞いた事のない色などがしれたり、おもしろそうだったので選びました。
ウエディングドレスはなぜ白いのか 坂井妙子 勁草書房 385.4
もともとドレスに興味があり、気になったため(選びました)。
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー ブレイディみかこ 新潮社 916
読んでいてとても面白い本でした。
色の女王 ユッタ・バウアー 小学館 726.5 *別置記号:E
色というテーマだったのと絵本で読みやすそうだったから(選びました)。
色彩 色材の文化史 フランソワ・ドラマール&ベルナール・ギノー 創元社 724.7
私達が普段目にしている色彩についての歴史を深くしれるとても良い内容だった(ので選びました)。
マンガでわかる 色のおもしろ心理学  ポーポー・ポロダクション ソフトバンク・クリエイティブ 140
人と最初に会う時は白い服をきてはいけないなど、様々なマナー的なことが知れる(ので選びました)。
世界でいちばん素敵な 百人一首の教室 吉海直人/監修 三才ブックス 911.147
きれいな色の本だったのと、百人一首について知れるのが良いなと思いました。
不思議の国のアリス とびだししかけえほん ロバート・サブダ 大日本絵画 726.5 *別置記号:E
表紙がむらさき色できれいだったし、(自分も)持ってたから(選びました)。
驚異のポスターカラーテクニック 南雲治嘉 MPC 724.4
我々の知っているイラストよりも更に奥が深い世界を知れる本でよむだけでもおもしろい(ので選びました)。
コミッカーズアートスタイル①最新カラーテクニック コミッカーズ編集部 美術出版社 727
新しいことに挑戦してみてほしい(と思ったので選びました)。
カラフル 森絵都 文藝春秋 913.6 *別置記号:B
カラフル=(イコール)色(なので選びました)。
色と形の深層心理 岩井寛 日本放送出版協会 146.1
色で人の性格がわかったりして面白い(ので選びました)。
絵でわかる心理学 不可思議な心の秘密をさぐり出す 浅野八郎 日本実業出版社 140
色で心のことがわかるというのがおもしろそうだったのでえらびました。
ももいろのクレヨン 大切なあなたへ いわさきちひろ 大和書房 914.6
色で表現している場面があるから(選びました)。
マンガでわかる LGBTQ+ パレットーク 講談社 367.9
LGBTQ+の人のように、人間は様々な人がいるので色と似ているから選びました。
ペイント イ・ヒヨン イースト・プレス 929.13
サムネがきれいで、ひかれました。
白の王 廣嶋玲子 東京創元社 913.6
読んでいてとても面白く、時間を忘れて読む作品でした。
ブラックボックス 砂川文次 講談社 913.6
色 といえば 黒 だから(選びました)。
ミドリのミ 吉川トリコ 講談社 913.6
色 の ミドリ が(題名に)入っていたのと、前から興味があった本だったから(選びました)。
むらさきのスカートの女 今村夏子 毎日新聞出版 913.6
芥川賞を受賞した作品だったので選びました。
星のアカバール オグ・マンディーノ ダイヤモンド社 933
登場人物たちの前向きな気持ちが伝わってきたから(選びました)。
ピンクとグレー 加藤シゲアキ 角川書店 913.6
(題名が)かわいいと思ったからえらんだ。
5分後に意外な結末①赤い悪夢 学研 913.6
このシリーズは色に関連したサブタイトル(がつけられている本)だから(選びました)。
青空のむこう アレックス・シアラー 求龍堂 933
この本のタイトルに興味がわいたから(選びました)。
青のアウトライン 天才の描く世界を凡人が塗りかえる方法 日日綴郎 KADOKAWA 913.6 *別置記号:B
凡人として苦しみながらも進んでいくストーリーをぜひ読んでもらいたい(ので選びました)。
いなくなれ、群青 河野裕 新潮社 913.6 *別置記号:B
今までミステリーを読むことが少なかったのでこれを機に読んでみたいと思いました。
小説 空の青さを知る人よ 超平和バスターズ/原作・額賀澪/著 角川書店 913.6 *別置記号:B
あらすじを読んで気になったのと本の厚みがあまりなかったので読みやすいと思ったからです。
恋に焦がれたブルー 宇山佳佑 集英社 913.6
本の表紙イラストがきれいだから(選びました)。
よるのばけもの 住野よる 双葉社 913.6
住野よるさんの本がおもしろかったから(選びました)。
ツナグ 辻村深月 新潮社 913.6
友達にオススメされた(ので選びました)。