過去の記事過去の記事はこちら

北海道帯広南商業高等学校 
ソフトボール部

 


此頃 十勝二ハヤル物                                       2019.9.5
 夜練重盗謀情報 助人早打虚サイン 犠牲打生還自由打撃
 俄外野手迷者 安堵祝勝会・・・           『二十一条通りSNS』

 2年ぶりに新人戦地区予選会出場。昨年は部員6人のうえ 主将のケガで出場を控えたんだった。今年は選手9人なれど 2年ぶりに優勝杯を手にすることができて ひと安心。

          

 神無月の新人戦全道大会に顔を出すのも2年ぶり。幸運にも 決勝の舞台に駒を進められたら5年ぶり。そして 運良く優勝旗を手にすることができたら28年ぶり!!
 されど『捕らぬ狸の皮算用 海も見えぬに船用意はすんな!!』と 人は言う。
 ⇔準備周到 先見の明 イメトレ完了 ぶりブーム便乗

 でも インターハイ全道は帯大谷が38年ぶり 中体連全道は帯広連合が28年ぶりに覇権奪取。そうなの。十勝ソフトボール界は この頃すっかり「ぶり」ばやり。
 南商も そんな「ぶりブーム」にアヤカリタイ。だってぶりは鰤。鰤は出世魚だし。南商ソフト部も どんどん成長して欲しい!!

          

 夏練を越え 「ピッチャーを中心に粘り強く守り しつこく戦えるチームになりつつある」と感じられる大会になったのは収穫。まだまだ発展途上だし まだまだ勝負弱さはあるけれど。でも それはノビシロだし 可能性がある証。それがまた嬉しい。

 さらに成長できる「場所」に進む挑戦権を掴むことはできた。南商球場における 日々の練習を「ただやらず 善くやる」ことで自己実現・チーム実現をしてもらいたい。

 ≪新人戦地区予選会の結果≫ 8/31 @札内川河川敷ソフトボール場
  帯三条 1-6       責任投手(渡辺)
  帯大谷 2-3(延長9回)  責任投手(渡辺)

 ≪今後の予定≫
 ◎14日(土):練習試合 札幌北斗 @札幌北斗高校グラウンド
 ◎15日(日):練習試合 釧路江南・帯大谷 @南商球場
 ◎9月25~27日(水~金):2学期中間テスト
 ◎10月5・6日(土・日):新人戦全道大会 @石狩市スポーツ広場





新チームはこんな感じ。どんな感じ?                            2019.8.27
 帯大谷のインターハイに続いて 帯広連合が中体連全道大会を制覇。おめでとう!!
今夏 十勝の異様な暑さは ソフトボールの余熱のせいだったのかも知れない。
 JOIN ALIVE 2019も終わり すっかり風は秋色だけれど これから新人戦が始まる。
そう 夏はまだ終わらない。終わらせない。

 国体全道大会(7/13・14@鷹栖町)の準決勝敗退により 残念ながら3年生3人が引退しなければならなくなった。たいへんお疲れ様でした!!
 この代は ず~っと部員が少なかったため 実施できる練習メニューが限定されたし予期せぬケガもあって 昨年の新人戦には出場できなかった。
 それでも 最後まで直向きに ソフトボールに打ち込んだ姿勢は称賛に値します!!
まさにNo Softball No School lifeって感じ。今後は それぞれの進路実現のため 準備を整えて前進あるのみです。応援していますよ~

          

 新チームが本格的に動き出してから1ヵ月半。夏トレを乗り越え、現時点では新人戦地区予選を戦えるレベルにまで仕上がった。されど 1年生の多い「若いチーム」だけに油断禁物。
 南商らしく「取れるアウトは確実に取る」「先行逃げ切り」の展開に対戦校を引きずり込みたいと考えています。
 決戦は土曜日(8/31 @札内川河川敷ソフトボール場)。応援お願いいたします!! 

≪国体全道大会の結果≫ 7/13・14 @鷹栖町民球場
 初戦  南空知選抜 0-10  十勝選抜
 準決勝 札幌選抜   5- 0  十勝選抜

≪JOIN ALIVE 2019の参加校≫ 8/4~7 @音更町営&大谷グラウンド&南商球場
 旭川北・遠軽・大野農・帯大谷・帯三条・帯八中・北見緑陵・釧路江南
 札内中・宮城明成





それでも。南商ソフト部の一分                                   2019.7.4
 高体連地区予選での手痛い敗戦から 早くも2ヵ月が経過
 いつの間にか 季節は夏に移ろう Season in the Sun
 それでも 心は「なつぞら」とはならず 降水確率50%の曇り空

 帯大谷ソフト部のみんなが『全道大会優勝』を遂げる お見事 天晴れ!!
 それでも 心に「なつぞら」が広がらないのはgood loserじゃないからだろう
 後悔 祝福 羨望 歓喜 反骨・・・・溢れるいろんな気持ち
 なかなか 矩を踰えずとはいかない

   

 それでも 間もなく 国体全道大会は開催される
 十勝選抜の構成メンバーは 帯大谷5人 帯三条2人 南商6人
 しかも 南商だけ学校祭と同じ期間

 学校祭には出られないけど 出られないからこそ
 培った技術を 思う存分に披露して勝利を掴むこと 
 優勝杯を手にすることこそが 南商ソフト部の一分
 貪欲に戦ってもらいたい ふぁいと~

  

≪高体連地区予選の結果≫ @音更町営ソフトボール場
  帯大谷 2-1(延長8回) 南商 責任投手(渡辺)
  帯三条 1-8      南商 責任投手(渡辺)

≪今後の予定≫
  ◎13・14日(土・日):国体全道大会@鷹栖町
  ◎27日(土):秋季総会&3年生・新チームの船出を祝う会
  ◎8月4~7日(日~水):宮城明成高校を囲んでのJOIN ALIVE 2019
  <参加予定チーム(五十音順)>
   旭川北・遠軽・大野農・帯大谷・北見商・北見緑陵・釧路江南
   宮城明成・南商
   *参加希望校は、連絡をお待ちしております





100万回 生き残ったソフト部                                   2019.5.17
 南商ソフト部は ゴールデンウイークにふたつ大会があった
  淡々と試合に臨み ひとつは優勝し ひとつが準優勝に終わった
  不本意な結果だった カントクは不機嫌になるし

 南商ソフト部は10連休なんて関係なかった
  ここだけ異国かと思うくらい ずっと部活だった
  でも カントクがそうしたかっただけだ
  私たちは休みたかった デートもしたかったし

 南商ソフト部にも 新年号が訪れた
  何かが変わったわけではないし 変わる必要もなかった
  パーティーもしなかった メディアは騒いでいたけれど

 南商ソフト部は 創部50年を迎えた
  アポロ11号が月に行った年だ
  昭和・平成と歴史のページを綴ったように
  これまでの多くのOGがしていたように
  時代が変わったって
  全心全力で直向きにプレーするだけだ
  魂は不変だし 引き継がれると信じているから

 南商ソフト部は 間もなく高体連地区予選
  グラウンドで100万リットルの汗と涙を流し
  脇目もふらず100万回素振りをして
  100万回ボールを投げ続け
  100万回ゴロと向き合い
  100万回ベースを駆け抜けた 
  それは どこでプレーしても南商ソフト部であるためだった
  それが 私たちのアイデンティティ 根拠のある自信 揺るぎない自己肯定感
  今回も絶対に生き残る
  「僕が僕であるために 勝ち続けなくちゃならない」って歌い続けてた
  あいつの言い分を証明するためにも

 スイマセン 導入が長いですね 今後 気を付けます・・・
 ここ数年 GWには大会がふたつあります
 北海道オープン大会(実質)&春季大会
 北海道オープン大会で優勝する⇒春季大会では足元をすくわれる 昨季と同じ流れ

 デジャブかしら?守備の破綻による失点
 慢心かしら?急激に冷え込み湿った打線
 分析されたかしら?思い込んだら一本気な南商ソフト部の選手たち

 でも それは課題解決のための練習機会を与えられたと同義
 そう 手痛い敗戦でしか味わえない教訓がある ありがとう春季大会 ライバルに感謝!!

 生き残って 全道大会に進み 生き残って インターハイに進む
 選手の総意 父母会の希望 27年ぶりの戴冠に向けて奮闘してもらいます
 試合は平日になりますが 熱い声援を頂けたら幸いでございます!!

    

≪東北海道大会の結果≫ 12チーム参加 @札内川河川敷ソフトボール場
  初 戦:旭川北  2-4  南商  責任投手(渡辺)
  準決勝:大野農  3-13 南商  責任投手(渡辺)
  決 勝:帯大谷  0-12 南商  責任投手(渡辺)

≪十勝地区春季大会(兼国体予選会)の結果≫ 3チーム参加@札内川河川敷ソフトボール場
  帯大谷:6-3  南商 責任投手(渡辺)
  帯三条:1-3  南商 責任投手(渡辺)

≪今後の予定≫
  ◎23日(木):高体連十勝地区予選会 @音更町営ソフトボール場
   開会式9時 第1試合10時PB ①帯三条―帯大谷 ②南商―帯大谷 ③南商―帯三条





みんなでトゥラッタッタ~♫                                   2019.4.18
 調子が上がる下がる 微妙なチームの動向を
 目の端でいつも気にしている わたしは監督何年目?
 ゼロが並ぶスコアボードに もらい泣き
 辛勝も大敗も初コケも優勝も さあ みんなでトゥラッタッタ~

 創部50周年を迎える節目の2019年シーズン 伝統ある南商ソフト部は 実績充分な6人のルーキーを迎えました みんなお上手!! そのうえ それぞれが異なる優良な特性を持っている とってもステキ!! 加えて 初心者も1人入部してくれたんですよ~ 向上心の塊!!

 個々に努力を積み重ね 学校生活に情熱を注ぎ
チームとして効果的な化学反応を導くことができ
れば 面白い結果を報告できそうです
捕らぬ狸の皮算用 海も見えぬに船用意・・・

 カントクの責任の重さを忘れることなく 思った
とおりに かなえられてく(ような) 未来予想図を
みんなで描く所存でございます

 今シーズンも部訓である「全心全力」の精神に恥じぬプレーを表現してもらいます 温かくも熱いご声援を よろしくお願いいたします

 追伸   
  たいへん有り難いことに マネージャーが2人も入部してくれました エライ!!
 甲子園には連れてけないから インターハイで許してね(未来予想図Ⅱ)

≪今後の予定≫
  5月 2・3日 東北海道大会(出場13校)@札内川河川敷ソフトボール場  
  *5月1~4日 練習試合@札内川河川敷/帯大谷グラウンド/南商球場
  5月6日 春季大会(出場3校)@札内川河川敷ソフトボール場




春はあけぼの                                               2019.3.8
 やうやう黒くなりゆく山肌 少しぬくくて
 湯気だちたるグラウンド各所の太くたなびきたる。いとをかし

 卒業式・一般入試を終え 年度の総まとめの時期を
迎えるなか 史上最弱チームの3年生は 白い光の中で
全員揃って無事に旅立ちの日となりました!!
新生活でも『凡事を尽くして希望を得る』の気持ち
を忘れず 精進して欲しい。ふぁいと~

*言い訳*
 卒業式というハレの日にトレーニング・ウエアを着
ているのは 慣習への反抗です。
と言うのは嘘で 最後のLHRにて異常に発汗してしまい
風邪を引くのを怖れて着替えたためです。

 十勝的ドカ雪が降らず 積雪量は例年の半分以下という印象。早々の雪解けは嬉しいけれど 確実に着実に気候変動が深刻化している印象あり。
 現在、南商球場は ラムサール条約での条約湿地に登録されてもいいぐらいな状況です。毎日 鳥が飛来しています。いいよ 住んでも~

 この調子であれば 来週末には 南商ソフトボール部員の元気な声が 南商球場に響き渡りそうです。
 でも6人 依然として6人 年を越したのに6人 ポケットを叩いても6人・・・

 ルーキーの到来が こんなに待ち遠しい春はない。明日 春が来たら 夢に会いに行こう。

≪今後の予定≫
  3月下旬   春季オープン戦@南商球場⇒参加希望校は連絡をお願いします
  4月22日   父母会総会@南商会議室
  5月 2・3日  東北海道大会@札内川河川敷ソフトボール場
  5月6日    春季大会@札内川河川敷ソフトボール場





超・史上最弱チーム始動する                                  2018.8.21
  広~い南商球場に部員が6人しかいない。そう、たったの6人。
  何回数えても6人。毎日数えても6人。丁寧に数えても6人。
  少人数でのボール回収や用具運搬。
  すぐに自分の出番となるノックなどに要する走行距離は「長友並み」というデータ。
  おめでとうW杯16強!!
  「西野ジャパン並み」に、予想外の結果を導けるのか「ヤマモト・ナンショー」は・・・

 先代の史上最弱チームは、先月の国体全道大会にて引退となった。
愛を込めて花束を贈りたいほどの、心からお疲れ様を伝えたい。大袈裟だけど受け取って。
 数多の叱咤と数えられるぐらいの激励。止むことのない苦言。一発レッド的暴言。
わざわざ集合してくれているのに炸裂する小言。シーズンを表す漢字は毎年「忍」。
 よく奮闘しましたね。頭が下がります。南商ソフト部を引退することにはなりましたが、どうかスポーツを愛する人生を歩んで欲しい。
“ヤマモトは嫌いになっても ソフトやスポーツは嫌いにならないでください!!”

  

 さあ、新チーム。3人足りません。
 が、「無償の愛」「慈悲」に満ちあふれる南商は、今季もESS部や〇〇部マネージャーの協力を得られそう。たいへん有り難い。そして嬉しい。
 何とか出場できそう。「超・史上最弱チーム」なりの戦術を練り上げ、そのパフォーマンスを着実に確実に表現できるため地道なトレーニングを継続。
 そう、信念を持って継続するしかない。加えて、8/4~7は、宮城明成など10校が遙々、足を運んでくれました!!ありがとうございます。
 4日間11試合。あとは、実戦で発見した課題をクリアするだけ・・・

 その矢先、道内屈指の遊撃手であり、南商の元気の象徴である主将が、予期せぬ怪我を負いました。南商は、新人戦不参加です。残念でなりません。残念にもほどがあります。

 嘆いても現実は変わらない。主将の完治を祈りながら、まだ夏ですが来季を見据えます。

 ≪国体全道大会の結果≫ 7月7・8日(土・日) @石狩市スポーツ広場
  初 戦 後志選抜 0-16 十勝選抜 責任投手(武隈)
  準決勝 札幌選抜 5-4 十勝選抜 責任投手(武隈)

 ≪サマーソニック2018参加校≫ 8月4~7日(土~月) @音更町営&南商球場
  遠軽・大野農・帯広大谷・帯広三条・帯広八中・北見商・北見緑陵・
  札幌北斗・下音更中・宮城明成・南商 (11チーム・五十音順)




    
史上最弱チームのケド戦記                                  2018.6.26
  う~ん、高体連全道大会の出場チームが13校では寂しいんですケド。
  いきなり、全道連覇中の王者との対戦は困るんですケド。
  やっぱり、新人戦全道大会の4強はシードして欲しいんですケド。
  もっと善く戦えたケド・・・もっと得点できたケド・・・ケドケドケド

 冒頭から、愚痴やら慚愧やら忸怩やらのパレードで文章が締まらない。
 こんなコーチだから試合も締まらないのか。たいへん申し訳ないない。

 ドローが届けられてからというもの、徹底した王者対策を実践。
と言うのは嘘で、実は常に王者対策なの。だって、王者に勝たなければインターハイには行けないんだから。日頃から王者のピッチャーを打開するために励んでいるのです!!
 注:だからと言って、バンバン打てるわけではないケド

 王者には10連敗中。でも、南商は「当たって砕けろ」「思い切って戦え」じゃない。
常に勝ちに行く。あらゆる戦術を繰り出す。考え得る対策を実践する。ケド毎度返り討ち。
 掲げた戦略は『ノーエラー/接戦に引きずり込む/先取点/ドサクサで逃げ切り』。
これしかない。もう負けたくない。王者とそれ以外のチームでは、輝く未来などない。
 注:負けたからと言って、キラキラした未来を作れないわけではないケド

   

 結果、南商の3倍の部員が在籍する圧倒的戦力の前に圧倒されてしまった。
と言うのは嘘で、今回ばかりは一太刀浴びせられた?ただの自己満足?

 史上最弱チームの選手は、南商らしさを随所に発揮。本当に善く戦ったと思う。負けたケド天晴れ!!
部員は少ないケド、初心者もいるケド、自分がやれることは表現する。それでこそ古豪。
 管内のソフトボールを愛する中学生諸君!!
練習量は多くてハードだケド、北海道のソフトボールの未来を創るために来たれ南商へ!!

 次は国体全道大会。テストやら学祭準備やらで、練習量は減るし心は落ち着かないケド、3年生には、ラストダンスは華やかに舞っていただきます。熱い応援をお願いいたします。

 ≪高体連全道大会の結果≫ 6月16日(土) @石狩市スポーツ広場
   準々決勝 三愛 8-3 南商 責任投手(武隈)

 ≪今後の予定≫
 ◎6/28~7/3(木~火):期末テスト
 ◎7/7・8(土・日):国体全道大会 @石狩市スポーツ広場
















南商ソフト部、生き残りました。                                  2018.5.31
 春季大会の敗戦直後から、高体連に向けた練習メニューを考え始める。
 結論は、基本の徹底(=ディフェンス整備と対応策構築)と原点への回帰(=戦術の再確認)。
 これでダメならコーチの責任であり、思慮の浅さ&引き出しの少なさ。大丈夫、覚悟あり。ましてや、潰してこいなんて命令しないし、言い逃れもしないから。
 素直で真面目で元気な南商ソフト部部員一同は「できることを自信満々にやり遂げて、生き残る」をテーマに臨戦態勢。
 でも、穏やかな天気が午後から一変。黒雲が南の空を覆い、雷鳴轟く怪しい空模様。 中止?

 2試合とも南商ペースで淡々と進んだ印象。バッテリーを中心に取れるアウトを確実に積み重ね、貰える点は貰う。先制されても粘り強く、南商らしく食らいつき裏返す。
 敗戦からの復興。たいへん、善くできました!!

   

 でも、改善点や詰めの甘さは散見。南商スモール・ソフトボールの代名詞「バント」の精度が低い。好機での勝負強さが足りない・・・・ナドナドナドナ~ド
 全道大会には出られます。準備する時間もあります。昨秋の新人戦全道大会での雪辱を晴らし、心置きなく暴れてもらいたいですね。いえ、暴れてもらいま~す!!

 ≪高体連地区予選の結果≫ 5月24日(木) @音更町営ソフトボール場
  帯三条 0-3  南商 責任投手(武隈)
  帯大谷 2-3  南商 責任投手(武隈)

 ≪今後の予定≫
 ◎3日(日):練習試合 下音更中 @南商球場
 ◎16・17日(土・日):全道大会 @石狩市スポーツ広場




    
勝ちを掴むには勇気が必要                                      2018.5.22
 サクラが如月に咲く。道内各地で夏日や真夏日を観測。まずいレベルの気候変動と思う。
先日発表された電源構成案を見ても不安は募る。パリでも批判されたのに・・・

 遠征先にて、イチローがマリナーズと生涯契約を結んだことを知る。嬉しいやら悲しいやら複雑な心境。彼の渡米と南商赴任が同年度。勿論、こちとら生涯契約をオファーされることはない。そろそろ、お〇〇箱?

 ①東北海道大会 5/3・4(木・金) @遠軽町
 <ソフト部1/バレー部1/バド部1>という3人のルーキーを迎えた今シーズン。創部50年を目前にして、南商ソフト部は新しい局面を迎えているのかも知れない。
 ぱらつく雨。遠雷が轟くたびに繰り返される中断。されど、南商のカミナリは真横から。始終、雷注意報発令されるも試合は中断せず。いとをかし。
 試合内容の割にスコアは安定。難なく優勝旗を奪還する。これでいいのだ?
課題を修正する間もなく、中1日で春季大会を迎えることになる。これでいいのか?

 ②十勝地区春季大会(兼国体予選会)  5/6(日) @音更町
 予期せぬ敗戦を喫す。過信?慢心?油断?実力不足?フロック?・・・
これが高体連地区予選でなかったのが、せめてもの救い。ソフトの神様ありがとう!!
 与えられた時間は、あと3週間。基本技術の徹底および戦術の再確認が不可欠。
そう、それを「原点回帰」と人は言う。取れるアウトを取り、もらえる点はもらう。
 南商的試合運びで、オトフケの屈辱を晴らしてもらいたい。

 なお、両大会には父母会をはじめ、たくさんの皆様が応援に駆けつけてくださったうえに、たくさんの差し入れをいただきました。毎度のことですが、南商ソフトボールの部の伝統と絆の深さを感じることができました。心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

 「高体連地区予選会」は平日開催ですが、スケジュールの調整がつきましたら試合会場に足を運んでいただき、選手に声援を送って下されば幸いです。

 ≪東北海道大会の結果≫ @えんがるソフトボール場
  初 戦:旭川北 0-10 南商 責任投手(武隈)
  準決勝:帯大谷 1- 3 南商 責任投手(武隈)
  決 勝:帯三条 3-10 南商 責任投手(武隈)

 ≪十勝地区春季大会(兼国体予選会)の結果≫ @音更町営ソフトボール場
  帯三条  6- 3 南商 責任投手(武隈)
  帯大谷 18-13 南商 責任投手(三上)

 ≪今後の予定≫
 ◎24日(木):高体連十勝地区予選会 @音更町営ソフトボール場
  開会式は9時から。①南商―帯三条②帯三条―帯大谷③南商―帯大谷

 




    
開幕してしまいました・・・                                          2018.4.9
 雪の多い冬だった。寒かったし。しかも、弥生の嵐ったら酷かった。
確実に気候変動の影響だと思う。今後、十勝の冬はこんな感じになるのだろうか。 それなら夏の高温化を含め、農作物=十勝経済にも影響するだろう。対策が急務。

 始まってしまいましたね。ソフトボールの季節が!! 時間は寸分違わずにやって来る。
さて、すっかり恒例となった「十勝春季オープン@南商球場&帯大谷グラウンド」。3/31~4/2、6校によるリーグ戦を実施。
 シーズン明けのゲームという条件を差っ引いても、なかなかどうして「投走攻守の全てに内容の高低差」が激し過ぎる10試合となりました。

 今シーズンに向けての意気込みや選手の心境を察してみたら、宮澤先生や石川先生のありがたい御言葉を借りますれば、こんな風でございましょうか。


『誰にも負けず 自分にも負けず』

 土日祝日無しにも負けず
 部員不足にも負けず
 泥んこまみれのユニを洗う困難さにも負けず

 屋内トレで鍛えた丈夫な心身を持ち 
 三振しても いつも静かに笑っている
 内野にエラーをした後輩がいれば 行って叱咤激励をしてやり
 サインを見逃し冷や汗いっぱいの先輩がいれば 行って私もですよと慰めあう
 ピンチを迎えた投手には 行って怖がらなくてもいいと伝え
 部活を迷っている新入生がいれば ソフト以外はつまらないよと教えてあげる
 見事なプレーをしても褒められず 勝利を掴んでも課題を提示される

 艱難辛苦にも仲間を信じ ソフトボールを愛し続ける そんな選手に私はなりたい
 じっと手を見る ・・・マメが痛い


 冬期間に凡事を尽くした選手は、ちょっぴり「成長」しました。伸びしろばっかり。 シーズン始めのため、その積み重ねを上手に表現できていない部分はあるけど、そんなに心配してません。楽天家ばっかり。
 善きパフォーマンスを発揮できる環境整備をして、これから控える3大会に備えたいと考えています。

 「南商らしい」ソフトボールを披露いたしますから、是非今シーズンも、南商球場や各会場にて、南商ソフトボール部への変わらぬご声援を宜しくお願いいたします。

 ≪今後の予定≫
 4月14日(土):練習試合(下音更中) @南商球場
 4月15日(日):練習試合(八中) @南商球場
 4月23日(月):父母会総会
 5月3・4日(木・金):東北海道大会 @遠軽町営ソフトボール場
 5月6日(日):春季大会兼国体選考予選会 @音更町営ソフトボール場

 




    
秋物語の終わり=冬物語(冬トレ)の始まり                           2017.11.6
 一気に寒い。多くの山が雪の薄化粧。各地で氷点下。霜注意報。風邪が流行の兆し。
あ、ビニールハウスの屋根部分飛んだ。来季へ良くない兆し?
 『変わらぬ仕事量+修学旅行+ワークライフバランス+大会での悔恨・無念・不甲斐なさ=更新の怠り』。私の愛した数式。言い訳ですね・・・遅くなりました。すいません。
 冬トレ始まりましたが、数名がエブリデイ補習に汗。全然、全員揃いませんから~ こんなんで、進路も部活も大丈夫なの~ 札幌K校のように「文武人三道」を目指せるの~

◎10月7・8日(土・日) 新人戦全道大会 @石狩市スポーツ広場
 地区予選を勝ち上がり、戦略・戦術はいい具合に固まった。3年ぶりの全道大会決勝戦進出を目論み、志高く、勇んで力んで戦いの場に乗り込んだ。

 地区予選で活躍してくれた助っ人・工藤選手の腰の状態がおもわしくないため、全道大会は、華道部の大橋選手・山崎選手が助っ人となる。流石、南商。あらゆる部から救いの手が差し伸べられる!!このまま、残りませんか~
 助っ人の変更により、若干のポジション修正は必要。でも、夏合宿で築いたチーム戦術「手堅く1点ずつ」「取れるアウトは確実に取る」は表現できそうだ。安堵。

 さあ、前日練習。ん!? 攻守に精彩を欠いてない? 力み? 緊張? 油断? 大丈夫?

 大会初日の2試合は、接戦を粘り強く戦って勝ち抜けたけど、「投走攻守」とも巧拙の差が大きい。それは南商球場で積み上げたプレーではないよ~
 そして、準決勝。初回に信じられないようなミスミスミス・・・。ヨーイドンで5点を失ったら、お得意の「先行逃げ切り」じゃないうえ、「手堅く1点ずつ」では、チョー厳しい試合展開になってしまった。

 

 スポーツは、「こんな日」もあろう。でも、今日が「その日」でなくてもって感じ・・・ されど、「そうならないため」には、日々の真摯な練習が必要。
 いつも話している『ただやるな、善くやれ』が、まだまだ浸透していない。やり直そう。

 「速筋尊重」+「心の耐震性強化」+「基本技術の刷り込み」の実践しかない。来季に向けた「史上最弱チーム」の終わりなき旅は、まだまだ続く。常に上り坂。常に向かい風。それがいいし、それでいい。
 それにしても、来季も助っ人頼みのチーム編成になるのかな?現1年生3人しかいない。ソフト大好き中学生のみんな。来たれ南商ソフト部へ!!間もなく創部50年!!

 今シーズンのご支援ご声援、誠にありがとうございました。お礼申し上げます。来季、洗練されたプレーを披露できるよう、箍を外さずに精進いたします。今後とも、よろしくお願いいたします。
 そして、助っ人のみんなありがとう。あなたたちのお陰で、チームとして大会に参加できました。活躍する場所は変わっても、お互いに奮闘しましょう。

 

≪試合結果≫
 初 戦 大野農 3-4 南商  責任投手(武隈)
 2回戦 千 歳 2-3 南商  責任投手(武隈)
 準決勝 札東商 8-0 南商  責任投手(武隈)




    
不思議の勝ちかな?                                           2017.8.31
 残暑が厳しい。厳しすぎる。十勝は、低温注意報が発令されるほどの夏だったのに。
本当に体調管理が難しい。どうぞ、ご自愛くださいませ。

8月26日(土) 新人戦地区予選 @音更町営ソフトボール場
 倶知安遠征(夏合宿)を経て、少しばかり成長の手応えを感じながら臨む新人戦地区予選。目指す戦略は「先行逃げ切り」、戦術は「手堅く1点ずつ」「取れるアウトは確実に取る」です。
 とは言っても、組織的なディフェンスの要であるキャッチャーは、クッキング部に所属する工藤選手です。間もなく「とかちマルシェ」!!
 助っ人がキャッチャーって結構な無茶ぶり?しかもチーム練習への参加日数は6日間・・・

 それでも蓋を開けてみれば、捕逸ゼロ失策ゼロ!!やっぱり、スポーツはセンスよね~
この工藤選手の活躍に刺激を受け、本所属衆も走攻守に「いま表現できる力」を遺憾なく発揮しました。
 2試合を通じて失策数1・与四死球3と良好なディフェンスを披露。犠打は11を数え、着々と加点していきました。目指す戦術は、確実な攻守。
 太陽の季節は、夏トレに励んだ選手には、しっかり「実り」を与えてくれるのですね。

 さて、今季の全道大会は10月7・8日(土・日)。結構、練習する時間はある。そう言えば、前回も選手9人。そして、準々決勝の試合中に選手がケガをして、残念ながら棄権したのでした。補強必要?

 とにかく、基本技術を確立するまで練習するしかない。「史上最弱新チーム」の挑戦はまだまだ続きます。でも、最弱ってことは「伸び代しかない!!」んですから。

≪試合結果≫
 帯大谷 3-5 南商  責任投手(武隈)
 帯三条 0-7 南商  責任投手(武隈)

  




    
負けに不思議の負けなし                                           2017.8.21
 猛暑の文月から一転、寒い葉月へ。
スポーツ的には絶妙な緩急だけど、気候的には極端すぎますね。対応が難しい。
 今夏、何回も耳にした「記録的短時間大雨情報」なる用語。どうすればいいの。
今後、日常生活にも経済活動にも、多くの影響が出そうな嫌な予感。
 どうなる地球、どうする日本。

①5月25日(木) 高体連地区予選 @音更町営ソフトボール場
  派手な空中戦(打撃戦)ではなく、地味なるも投手を中心とした防衛戦に勝機ありと考えチーム作りを進めてきましたが、東北海道・春季大会を終え、試合ごとに到達度の高低が激しい。
  高低差を埋めるべく練習に取り組みましたが、大会当日、守備の綻びが露呈。選手は奮闘したもののも優勝杯の奪還はなりませんでした。無念。まさに、負けに不思議の負けなしです。
 3年生にとっては、最後の公式戦となってしまいました。1年次から、「高体連・国体の全道大会決勝を経験した学年」だっただけに、再挑戦してもらいたかった~
 結果はともかく、これまでの努力は決して無駄にはなりません。流した汗の分だけ、人生の推進力は大きくなったはずです。今後は、進路実現に向けてしっかり準備をしてほしい。ガンバ!!

 ≪試合結果≫
  帯大谷 2-0  責任投手(武隈)
  帯三条 11-1 責任投手(武隈)

②8月3~8日(木~火) 北海道オープン研修大会 @倶知安町 
 『史上最弱新チームの挑戦!!』
 部員8人+マネ1人で臨んだ太陽の季節。暑さに立ち向かい、部員減少による仕事量増にもめげず、練習メニューの限定にも腐らず、ヤマモトの怒号にも負けず、僅か9人は南商恒例の「二部練」「VIM」「室内筋力トレーニング(3段階目)」「倶知安遠征(夏合宿)」に直向きに取り組みました。

 「ミスを重ねても試合には出られる」。このチーム状況は、スポーツ選手の成長要素をひとつ失わせてしまいますが、そんなことは気にしちゃいられない。とにかく、「基本の反復」「確実な攻守」だけを目標にチーム作りを進めました。

 だけど、確実に遠征には1人足りません。南商の3年生はスケジュールが合わず参加できない。困った、どうする。
 そこで、助っ人をお願いしたのは、実業団のセレクションを受けられるレベルの心技体を持つ鈴木選手!!・・・所属は帯大谷ですけど。
 他チームからは苦笑されるも、そんなことを気にしちゃいられない。とにかく、チームのレベルアップのためには「ゲーム数をこなす」必要があるのです。

 遠征序盤こそ、稚拙なミス・自滅・自分のことしか考えられない(余裕のない)プレーなどが目立ちました。南商球場で練習してきたことは表現できるのか?
 決勝トーナメントからは、確実な攻守・献身的なプレー・コーチングを含めたチームとしての一体感など、選手&チームとして成長した姿を披露してくれました。
 今後は、慢心せず妥協せず満足せず、常にやや上方の前を向きソフト道を歩んでもらいたいと願うばかりです。

 対戦していただいたチームの選手およびコーチのみなさんをはじめ、ジャッジに汗を流していただいた審判のみなんさん、後援いただいている北海道トンボ株式会社様、試合をしながら運営に奮闘し、たくさんの優しさを届けてくれた大野農業高校ソフトボール部および大会事務局のみなさん。
 また、今回の遠征のホームとなり快適な時間を提供していただいたペンション『ベルグ』のスタッフのみなさん。多くの人に出会えた、思い出深い夏にしていただきました。この場を借りて心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 そして最後に、我が儘を快く引き受けていただいた鈴木選手およびご家族の献身に、お礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
 このお礼は、8/26(土)に開催される「新人戦地区予選の優勝」で応えたいと思っています。・・・鈴木選手の母校を差し置いてでもなのかな?

≪北海道オープンにて対戦したチーム(対戦順)≫ 16G 12W 4L ○数字は試合数
  大野農業②・聖ウルスラ(青森県)・明成(宮城県)③・弘前聖愛(青森県)②
  札幌北斗・札幌啓成②・札幌東商②・帯大谷③    
     *決勝トーナメントは3位入賞でした*

  




    
シーズンは開幕しています!!                                       2017.5.10
 あけましておめでとうございます・・・今さらですかね。
それでも、2017年最初のホームページ更新ですから・・・怠慢でしたね。
例年同様(?)、機を見て敏なる更新を心がけます。どうぞ、ご贔屓に願います!!

 南商ソフトボール部、今シーズンのルーキーは4名。少ない!!
 しかも、中学校時代ソフトボール部に所属していた新入生は他に5名いましたが、全員が勇んで文化系クラブへ。勇み足では・・・経験者バックホ~ム!!
 2019年の創部50周年に向けて、クラブの存続が危惧されるものの、入部がゼロではなかった。そこには確かな希望がある。
 加えて、これから永遠のゼロ人になるとは思えないし。ソフトボールを愛する中学生のみんな、よろしくお願いします。

 冬の間、様々なメニューで、とことん心身を鍛え上げた2・3年生とルーキーの融合。ようやくチームの「形」が見えてきました。チームの「息づかい」が聞こえてきました。チームの「特性」が確認できました。オフィシャルの2大会を終えて、このチームの「徹底すべき戦術」が定まった!!本当なのか?

 走攻守およびバッテリーにおける修正しなければならない部分は確認されましたから、「高体連優勝」に向けて、選手は黙々と努力を積み重ねています。
 問われるのはコーチの力量。昨シーズン失った全てを取り戻さなくてはなりません。

 そして、末筆になってしまい誠に申し訳ありません。今シーズンも南商球場で、各試合会場で、いつもと変わらぬご声援を、よろしくお願いいたします。

 <追伸>   
 1992年、全道大会当番校の際に新調されたバックネット。あれから25年経過。長い間、選手を見守ってきましたが、あっちこっちがボロボロに・・・
 再建しました。どうそ、南商球場に足を運んでご覧になってください。


 ≪東北海道大会の結果≫ @釧路市民ソフトボール場
  初 戦:北見緑陵 2-12 南商 責任投手(武隈)
  準決勝:釧路北陽 2-9 南商 責任投手(武隈)
  決 勝:帯三条 16-13 南商 責任投手(三上)

 ≪国体予選会(春季大会)の結果≫ @音更町営札ソフトボール場
  帯三条 9-0 南商 責任投手(武隈)
  帯大谷 6-0 南商 責任投手(武隈)       

 ≪今後の予定≫
  5月13日(土):練習試合(札内中) @南商球場
  5月20日(土):練習試合(八中) @南商球場 父母会激礼会
  5月21日(日):練習試合(下音更中) @南商球場
  5月25日(木):高体連地区予選(帯大谷・帯三条) @音更町営ソフトボール場

    




    
晩夏のソフトボール日記                                       2016.8.31
 度重なる台風の北海道通過。不安定な大気の影響を受けて雨の日が続いています。たいへん過ごしにくい晩夏になっています。どうぞご自愛ください。

 ①8月3~8日(水~月) 北海道オープン研修大会 @倶知安町
 合同チームで臨んだ夏トレ。南商の恒例である「二部練」「室内筋力トレーニング」「倶知安遠征」に力を合わせて取り組みました。
 3年生が抜けた両チームの写真を重ね合わせると、ポジションが上手い具合に埋まりましたが、適性判断から若干の配置転換を実施。それでも、新チームとしてはスムーズな発進となりました。

 チームワークの熟成・フィットネスの強化・自分にもライバルにも対戦チームにも負けない技術と精神力の涵養・チーム戦術を浸透させるための練習メニューなどに真摯に取り組んでくれたと感じています。

          

 無敗を目標に参加した「北海道オープン研修大会(倶知安遠征)」でしたが、15試合を消化して結果的には負け越し。そんなに甘くないこと、まだまだ鍛錬が足りないことを知らされたものの、いくつかの修正可能な課題を与えてもらえました。
 まさに、良薬口に苦し。新人戦地区予選までには課題を解決して、全道大会に駒を進めたいと考えています。

  対戦していただいたチームの選手およびコーチのみなさんをはじめ、ジャッジに汗を流していただいた審判のみなんさん、後援いただいている北海道トンボ株式会社様、試合をしながら運営に奮闘し、たくさんの優しさを届けてくれた大野農業高校ソフトボール部および後援会のみなさん。
 そして、今回の遠征のホームとなったペンションGRAND PAPAのスタッフのみなさん。多くの人に出会えた、思い出深い夏にしていただき心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
≪北海道オープンにて対戦したチーム(対戦順)≫ 15G 6W 1D 8L ○数字は試合数
  札幌北斗・大野農業・聖ウルスラ(青森県)③・明成(宮城県)②・
  札幌啓成/北陵②・札幌東商・浜松市立(静岡県)③・八中/南町・七飯中
    *決勝トーナメントは3位入賞でした*

 ②8月27日(土)  新人戦地区予選 @河川敷ソフトボールグラウンド
 台風の影響を受け、大会1週間前はグラウンドでの練習ができない状態でしたが、それは対戦校も同条件。敗戦の理由にはなりません。

 そうなのです。満を持して臨んだ新人戦地区予選。戦力の充実度・チームの雰囲気と選手の能力・積み重ねた練習量を考えれば考えるほど、信じがたい・受け容れがたい敗戦を味わうことになりました。残念でなりません。

 負けるとすれば「予期せず打線が繋がらない場合」でしたが、そのケースにはまってしまいました。それでも、選手は最後まで声を出し、奮戦してくれました。

 「最悪のケースでも勝ちきれるチーム作り」をできなかったこと。たいへんユニークで、たいへん素敵なチームを次のステージに進められず、選手がグラウンドで活躍する姿を観られなくなること。そんな取り返しの付かないミスを犯したコーチの責任は甚大です。

 いつもより、長い秋を迎えることになってしまいました。最近「コーチの責任」というフレーズを書く機会が増えています。さまざまな角度から深謀遠慮する必要のある秋になりそうです。

≪試合結果≫
 帯三条 3-2  責任投手(越後)
        
        




    
真夏のソフトボール日記                                       2016.8.2
 顔を合わせるのは雨雲ばかり。しばらく太陽と会えていません。記録的な雨量です。農作物の生育が気がかりです。湿度も高く、過ごしにくい夏になっていますから、どうぞご自愛ください。

 ①5月27日(金) 高体連地区予選会
 思うように実戦でチーム力を発揮できない状態が続いたまま、シーズン3大会目を迎えました。経験則・客観的に考えても練習で培った技術を表現すれば、問題なく勝利を手にできるはずでしたが、想定外の連敗を喫し全道大会出場を逃しました。選手には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 この敗戦と同時に、3年生は引退の事実を突きつけられることになりました。『チーム全員で、全道大会の準優勝旗と準優勝杯を返還しに行く』というスローガンのもと、ハードトレーニングを積んできましたが、願いは叶いませんでした。残念でなりません。

 今後は、彼女たちの進路実現に向けた取り組みがスタートします。終わりは始まり、人生とは、次々と待ち受ける目標に対峙して努力を継続することです。心身の強さをベースにしながら、「凡事を尽くして希望を得る」の精神を忘れることなく、自分らしく目標に向かってください。応援しています。

 ≪高体連地区予選会の結果≫
   帯大谷 10-1 南商  責任投手:武隈
   帯三条  6-3 南商  責任投手:神馬

       

 ②6月18日(土) 合同チームでの練習スタート
 3年生が引退して、南商新チームは選手8人。私がコーチになって、新人戦に向けて9人が揃わないのは7回目になります。さあ、どんな方策を立てるか?

 選手との面談をとおして導いた結論は、帯大谷さんとの合同チームを結成することになりました。これで選手は15人になり、レギュラー争いの発生という良好な刺激を受けられると同時に、多様なメニューの実践が可能になりました。楽しみでなりません。

 両校の定期テストや学校行事が符合しなかったため、本格的な練習は7月23日(土)からになります。両チームの「特徴」を上手い具合にミックスしながら、走攻守揃った上質なチームを作り上げたいと考えています。きっと、面白いチームになりますよ。乞うご期待!!

        

 ③7月9・10日(土・日) ボランティア活動 中体連地区予選にて
 ここ数年は、帯広市開催となるソフトボール全国大会にボランティアとして参加させていただいていました。全国大会がない今シーズンは、いつも練習試合でお世話になっている中学生の大会のお手伝いをすることにしました。

 ボールを、そして目標を掴もうとする直向きな中学生の姿勢を見つめられるとともに、緊張感のある熱戦のお手伝いをさせていただいて、たくさんの刺激をもらうことができました。感謝。

        

≪今後の予定≫
  8月3~8日(水~月) 北海道オープン研修大会 @倶知安町ソフトボールグラウンド
  8月9日(火) 練習試合(北見綠陵)新人戦地区予選 @河川敷ソフトボールグラウンド
  8月27日(土) 新人戦地区予選 @河川敷ソフトボールグラウンド




    
雪辱するしかないでしょう!!                                       2016.5.12
 町を黄色く染めるほど強風のなかサクラが舞い散り、初夏の扉が開こうとしています。皐月も中旬を迎えました。不安定な天候になっておりますから、どうぞご自愛ください。

 5/3・4(火・水)の「東北海道大会」、5/8(日)の「国体予選会(春季大会)」の両大会はともに準優勝に終わりました。しかも、同じ相手に同じ内容で大敗を喫したのです。

 南商ソフトボール部の歴史を振り返ってみても、地区大会においてこのような負け方をしたことはないと思います。新聞をお読みになったOGおよび関係者の方々には、不安・不甲斐なさ・悲しい気持ちにさせてしまったことでしょう。誠に申し訳ありません。

 敗因は自滅。「四死球の多発」→「守備のリズムを保てず失策を犯す」→「四死球を怖れベルトに配球して長打を浴びる」→「得点差が大きく細かい戦術を使う余地がない」→「相手はのびのびプレーする」という負の連鎖を止められませんでした。勿論、全て監督の責任です。

 高体連地区予選までに再構築しなければならないのは、有形的には『投手を含めたディフェンスの整備』、無形的には『これまで積み重ねたトレーニングを信じること』です。
 どちらかと言えば、この無形の力が重要なのだと思っています。「2試合での点差=チーム力の差」とは思っていません。最善のメニューを組み、高体連地区予選に向けて抜かりなくチーム作りを進め、それを証明します。

 なお、両大会には父母会をはじめ、OGおよびOG保護者の皆様が応援に駆けつけてくださったうえに、たくさんの差し入れをいただきました。
 毎度のことですが、南商ソフトボールの部の伝統と絆の深さを感じることができました。心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

 「高体連地区予選会」は平日開催ですが、スケジュールの調整がつきましたら試合会場に足を運んでいただき、選手に声援を送って下されば幸いです。

 ≪東北海道大会の結果≫ @札内川河川敷ソフトボール場
   初 戦:釧北陽 3-16 南商 責任投手(髙石)
   準決勝:滝川西 4-7  南商 責任投手(武隈)
   決 勝:帯三条 16-0 南商 責任投手(神馬)

 ≪国体予選会(春季大会)の結果≫ @札内川河川敷ソフトボール場
   帯大谷 4-5  南商 責任投手(神馬)
   帯三条 17-4 南商 責任投手(武隈)

 ≪今後の予定≫
  ◎19日(木):監督主将会議 @帯大谷高校
  ◎19・20日(木・金):中間テスト
  ◎27日(金):高体連十勝地区予選会 @札内川河川敷ソフトボール場
        開会式は9時から。参加校は帯三条・帯大谷の3校


          




    
新たなシーズンが始まりました!!                                    2016.4.28
 例年より積雪量の多かった十勝でしたが、父母会による効果的な除雪作業が行われため、選手が南商球場に飛び出したのは3月14日。どのチームよりも早く始動できました!!

 今シーズンは、選手5名&マネージャー1名が新たに加入した結果、南商ソフトボール部は16名となりました。これから、南商球場において身体を鍛え、技術を磨き、精神力を養い、絆を育みながらチームとして成長していきます。
 そのプロセスに関わり、成長という階段を昇る姿を垣間見られるのは、コーチとしてたいへん光栄なことです。

 来週からは、いよいよ公式戦が始まります。今シーズンも南商球場で、各試合会場で、例年と変わらぬご声援を、よろしくお願いいたします。

 ≪今後の予定≫
   4月29日(金):練習試合 @南商球場
   4月30日(土):競技向上ジュニア合同練習会参加 @音更ソフトボール場
   5月2日(月):練習試合 @南商球場
   5月 3・4日(火・水):東北海道大会@札内川河川敷ソフトボール場
    旭川商・遠軽・帯大谷・帯三条・北見商・北見緑陵・釧江南・釧北陽・滝川西
   5月5日(木):練習試合 @三条高グラウンド・南商球場
   5月8日(日):春季大会兼国体予選 @札内川河川敷ソフトボール場

          




    
新人戦全道大会を終えて                                    2015.10.5
 中秋の名月を過ぎ(スーパームーンとは、なんて風流の感じられないネーミング)、道内でも最低気温が氷点下を記録する観測地点がありました。まだ神無月ですけれど、冬の気配が近づいてきました。寒暖差が大きいですから、どうぞご自愛ください。

 9月19・20日、石狩市スポーツ広場で開催された「新人戦全道大会」に出場しました。部員9人ながらも虎視眈々と上位を狙っていましたが、3回表に選手が負傷してしまい、残念ながら途中棄権となりました。

 控え選手が不在であるのは、このような緊急事態は勿論、レギュラー争いのないこと・練習メニューが限定されることなどを含め、デメリットの多さを再認識させられた苦い大会となりました。

 来春には、たくさんの新入生が、南商ソフト部の扉をノックしてくれることを願うばかりです。「体験入学」は、16日に実施されます。

 3月末の東日本大会からスタートした、2015年シーズンの公式戦スケジュール全日程が終了となりました。たいへん充実した、楽しいシーズンになりましたが、それもこれも、いつも変わらぬ、温かいたくさんのご声援をいただけたからだと実感しています。この場をお借りしまして、お礼申し上げます。ありがとうございました。

 そして、いつも書かせてもらっていますが、来シーズンには、より洗練された「南商ソフト」を披露できるように、選手ともども精進いたします。今後とも、南商ソフトボール部に対するご支援をよろしくお願いいたします。

 ≪新人戦全道大会の結果≫
   初戦:遠軽 1-8 南商 責任投手(髙石)
   準々決勝:札東商 7-0 南商 責任投手(神馬)

          




    
間もなく新人戦全道大会です                                    2015.9.8
 夏日が続くなか、前日との気温差が10℃前後になる不安定な初秋になっております。朝夕の風には秋を感じますし、体調管理の難しい季節ですから、どうぞご自愛ください。

 新チームは、部員10名(選手9名・マネ1名)。練習メニューは制限されましたが、諸先輩から受け取った『連覇という名のバトン』を失わぬよう、夏のトレーニングに前向きに取り組み、新人戦地区予選会に参戦しました(8/29 @札内川河川敷ソフトボール場)。

 全道大会への切符は手にしたものの、最後の詰めが甘くなり準優勝に終わりました。残念でなりません。しかし、この悔しさを与えられた試練(好機)と捉え、より良いパフォーマンスを見せられるチームになるはずです。

 全道大会までに与えられた時間は10日間程度ですが、このチームには「伸びしろ」しかありませんから、「凡事を尽くして希望を得る」のスピリットを忘れることなく、南商球場にて汗を流してもらうつもりです。

 ソフトボールの「聖地」である石狩市スポーツ広場での活躍を信じて、今後とも南商ソフトボール部へのご支援とご声援を、よろしくお願いいたします。

  ≪新人戦地区予選会の結果≫
   帯大谷 7-8 南商  責任投手:髙石
   帯三条 4-3 南商  責任投手:髙石

≪今後の予定≫
 9月19・20日(土・日) 新人戦全道大会@石狩市スポーツ広場

          




    

国体全道大会。応援ありがとうございました!!                     2015.7.15

 少雨で猛暑。芝生を含め、南商球場の悲鳴が聞こえてきそうです。農作物への影響も懸念されるなか、体調管理を徹底して、この厳しい気候条件を乗り越えましょう。

 11・12日の両日、帯広市において5年ぶりに「国体全道大会」が開催されました。初日が真夏日・2日目は猛暑日という過酷な条件のなか、十勝選抜の選手(構成:南商12人・帯大谷1人)は、真夏並みの熱い風と地元の声援に背中を押され、スイスイと決勝戦に勝ち上がりました。

 対戦相手は、いつもの「王者」。三大会連続決勝戦でのゲームとなりますから、『今度こそ!!』と意気込み挑んだものの、些細なミスから大量失点を喫し、準優勝に終わりました。

 堅牢に立ちはだかる「王者」の分厚く高い壁。毎回、あの手この手を使ってぶち当たり、越えようと試みるも常に跳ね返されてしまう。その壁に亀裂はおろか、傷ひとつ付けられないまま敗れ去り、舐めさせられる辛酸。味わう空虚な感覚。次々にホームベースを駆け抜ける走者への既視感(デジャブ)。徒労感。強いられる戦略と戦術の練り直し・・・

 されど、そこには選手がいます。「凡事を尽くして希望を得る」というテーマを忘れることなく、再戦のチャンスを虎視眈々と狙います。

 なお、この大会をもって3年生は「部活引退」となりました。お疲れ様。道内では、2番目に長く現役を続けられた3年生。6年ぶりの東日本大会出場に加え、三大会連続の全道大会準優勝チームの主力なのですから胸を張って引退に臨み、これから待ち受ける「進路実現」という難題に挑んでください。きっと、みんななら希望を叶えられますよ。

 新チームは、選手9人とマネージャー1人。メンバーが少ないうえに、他チームよりスタートが遅れています。厳しい現実を突きつけられていますが、この逆境を成長のスパイスに換え、粘り強く夏の練習に取り組み、「南商らしいチーム」になって新人戦地区予選会に臨みます。みなさまに良い報告ができるよう、精一杯に力を尽くすことをお約束いたします。今後とも、温かいご声援をお願いいたします。

≪国体全道大会の試合結果≫
 初戦:後志選抜 0-16  QF:北見選抜  1-8
  SF:札幌選抜 0-1   F:石狩選抜 14-0

≪今後の予定≫
 ◎7月25日(土):練習試合 豊頃中 @南商球場
 ◎8月1~3日(土~月):全国教員大会お手伝い @札内川河川敷
 ◎8月5~7日(水~金):北海道オープン @倶知安町ソフトボール場
 ◎8月15・16日(土・日):藤本さんの講習会(北北海道地域) @南商球場

            

            



    

全道大会は準優勝でした・・・                                     2015.6.24

 夏至を過ぎましたが、不安定な大気の影響を受け、日本列島は豪雨や大きな寒暖差に見舞われています。火山活動も活発化しており、ぼんやりとした不安が心の中から消えません。それでも、どうぞご自愛くださいませ。
 6月20・21日(土・日)の両日、北見市にて高体連全道大会が開催されました。昨秋の新人戦全道大会の準優勝チームとして出場するため、「下手なゲームは見せられない!!」という、目に見えない(感じる必要のない)重圧を抱えながら会場に乗り込みました。
 目指すのは南商らしい「先行逃げ切り」のゲーム展開。このパターンに対戦チームを引きずり込めれば、必然的に勝利を手にできると考えていました。
 結果的には、なかなか思うような展開には引きずり込めませんでしたが、フィールドもベンチも一丸となって全力で戦い抜き、「決勝進出」という最低限の目標をクリアしました。
 準優勝に終わりましたが、積み重ねたトレーニングの成果を「充分」とまでは言えないながらも表現できたと思います。来月には、地元開催となる国体全道大会がありますから、課題と修正点を炙り出し、「王者」に再チャレンジするつもりでいます。
 なお、全道大会では、父母会をはじめOGおよびOG保護者の皆様が、遠路はるばる駆けつけて声援を送ってくださったうえに、たくさんの差し入れをいただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。
 今後とも、南商ソフトボール部へのご支援とご協力をお願いいたします。

≪高体連全道大会の試合結果≫ @北見市春光町地区河川敷球場
 ◎初戦   札東商  1-4  南商  責任投手:中村
 ◎準々決勝 滝川西  1-5  南商  責任投手:中村
 ◎準決勝  札啓成  2-6  南商  責任投手:中村
 ◎決勝   とわの森 9-0  南商  責任投手:中村
 ◎優秀選手賞:島小夏キャプテン

≪今後の予定≫
 ◎7月11・12日 国体全道大会 @札内川河川敷ソフトボール場
 ◎7月31~8月3日 全国教員大会のお手伝い @札内川河川敷ソフトボール場

           

           

           



    

高体連地区予選優勝です                                         2015.6.8

 激しい寒暖差。週末に吹く強風。少雨による乾燥。屋外スポーツ泣かせの天気になっていますが、地の利を生かせるチームになるには、これらの要素に負けず日々の練習に取り組むことが重要ですね。
 5月22日(金)に「高体連地区予選会」が開催されました。3年生は、高体連全道大会に1度も足を運べていませんから、まさにラストチャンス。もたついた部分はありましたが、経験値の差に加え、選手には勝ちきる強さが身に付いていました。この結果に甘えることなく、さらに精進を重ねてもらいたいものです。
 さあ、全道大会です。前回は、準決勝で棄権。選手とともに、雨に紛れて苦い涙を流しました。その日以来、高体連での借りは、高体連でしか返せないと思っていました。準備を整え、失った苦く悲しい涙を取り返し、歓喜の涙を流すつもりです。
 なお、高体連は平日開催でしたが、現役父母会は勿論、たくさんのOG&OGの保護者、南商ソフトボール部を応援してくださっている方々が会場に駆けつけ、声援を送ってくださいました。この場を借りて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。こらからも、どうぞよろしくお願いいたします。

≪高体連地区予選会の結果≫
 帯大谷 6-7 南商 責任投手(中村)
 帯三条 1-5 南商 責任投手(中村)


            



    

第一関門を突破です                                             2015.5.14

 例年よりも降水量が少ないのでは?と感じています。南商球場に水をまく回数と量は、必然的に増加傾向にあります。また、寒暖差や乾燥が誘因となり風邪をひきやすい環境になっていますから、どうぞご自愛ください。

 新チームがスタートして1ヶ月が経過。5/3・4(土・日)に遠軽町にて開催された「東北海道大会」、5/10(日)に帯広市にて開催された「国体予選会(春季大会)」の両大会で優勝できました。
 シーズン開幕から間もない時期ではありますが、東日本大会に出場させていただいたことを考えれば、選手・コーチともに「優勝すること」が義務づけられていましたし、学んできた技術・戦術を表現することに加え、チーム力の向上を証明しなければならない大会でした。
 義務を果たした(優勝という目標を達成した)わけですが、まだまだ多くの修正点はありますし、両大会に優勝したからといって、来週開催される「高体連地区予選会」での覇権奪回が約束されたわけではありません。
 それでも決して力まず、油断することなく大会に臨み、全道大会出場のチケットを手に入れなければならないと考えています。負けるわけにはいきません(力んでますね・・・)。
 なお、両大会には現役選手の保護者をはじめ、OGおよびOG保護者の皆様が応援に駆けつけてくださったうえに、たくさんの差し入れをいただきました。改めて、南商ソフトボールの部の伝統と絆の深さを感じることができました。心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
 「高体連地区予選会」は平日開催にはなりますが、スケジュールの調整がつきましたら試合会場に足を運んでいただき、選手に声援を送って下されば幸いです。

 ≪追記≫
 遠軽遠征では、向平さんをはじめ遠紋ソフトボール協会および審判団の皆様と遠軽高校の横山先生。宿泊先となった人材開発センターの管理人さんと藤川布団店さん。食事を用意していただいた食堂ドカ弁さんおよびヤマサン食品さん。そして、練習試合をしていただいた各高校の皆様。たいへんお世話になりました。この場を借りてお礼申しあげます。

 ≪東北海道大会の結果≫ @えんがるソフトボール場
  初 戦:北見緑陵 3-37 南商 責任投手(中村)
  準決勝:旭川商  0-11 南商 責任投手(中村)
  決 勝:帯三条  3-9  南商 責任投手(髙石)

 ≪春季大会の結果≫ @札内川河川敷ソフトボール場
  帯三条 1-3 南商 責任投手(中村)
  帯大谷 3-7 南商 責任投手(髙石)

 ≪5月の予定≫
  ◎16日(土):練習試合 北見連合/豊頃中 @南商球場
  ◎22日(金):高体連十勝地区予選会 @札内川河川敷ソフトボール場
        開会式は9時から、参加校は帯三条・帯大谷の3校
    






東日本高校女子ソフトボール大会を終えて                          2015.4.21

 まだまだ寒暖差の大きい日が続いていますが、ようやく十勝にも桜の蕾が目に入る時季になってまいりました。確実に時間は訪れ、季節が巡ることを知らされます。

 浜松市での事前合宿に取り組み、「東日本高校女子ソフトボール大会」に出場してきました(3月26~30日@栃木県足利市)。
 充分に屋外での練習を積み、意気込んで臨んだ大会でしたが、リーグ戦・トーナメントともに勝利を手にすることなく大会から去ることになりました。
 残念でなりませんが、チーム・個人の課題と収穫が明確になりましたから、今大会での悔しさと喪失感を2度と味わうことのないよう、自分自身に妥協せずに南商球場での練習に取り組んで欲しいと思っています。
 そして、今回の遠征もスポーツをとおして生まれる絆を感じずにはいられないものになりました。快く事前合宿を受け入れていただいた藤田先生と浜松市立高校ソフトボール部のみんな。浜松市青少年の家・醍醐旅館・オリンピック記念青少年総合センターのスタッフの皆様。東日本大会を支えた関係者の皆様。わたらせ交通のドライバー様。
 たくさんの優しさを頂戴しました。これらの多くのご恩に報いるためにも、チームとしてさらに発展することが必要なのだと痛感しています。

 最後になりますが、今回の遠征にあたってOGおよびOG保護者の皆様からたくさんの「応援金」をいただきました。先日、お礼状を送付させていただきましたが、この場をお借りして、再度お礼を言わせてください。本当にありがとうございました。
 勝利という吉報を届けられず申し訳ない気持ちでいっぱいですが、これから予定されている大会において、多くの勝利をご覧に入れますから、何とぞご容赦のうえ、今後ともご支援ご声援のほどを、よろしくお願いいたします。
    







志高く、元気に行ってきます!!                                     2015.3.12

 順調に進んでいた雪解けでしたが、一気に冬の景色に逆戻りとなりました。例年の倍以上の積雪量らしい・・・大いに困っています。それでも最高気温はプラスですし、街が春色に彩られる日も近いと感じています。
 「第45回東日本高校女子ソフトボール大会」が、3月26日に行われる開会式からスタートします。例年より、40日以上早く公式戦を経験できることの素晴らしさに、選手・コーチともども喜びを隠せないでいます。
 結果を追求するのは勿論ですが、道外チームと対戦できる嬉しさを抑えられません。アップの方法や走攻守における技術のほか、貪欲に1点にこだわる姿勢・勝利への執着心、戦略・戦術など、多くのことを吸収できればと考えています。全ての取り組みは、6月の高体連全道大会に繋がっているのですから!!
 この大会を終えて南商球場に戻る頃には、グラウンドを包んでいる雪も姿を消していることでしょう(希望的観測)。そして、その時にはルーキーを迎え、「新しいチーム」としてシーズンに臨むことになります。こちらも楽しみでなりません。

  ≪今後のスケジュール≫
   3月20日(金):帯広出発  
     21~25日(土~水):静岡県浜松市にて事前合宿 @浜松市立高校グラウンド
     25日(水):午後から栃木県足利市へ移動
     26日(木):開会式(@足利市民体育館)
     27・28日(金・土):予選リーグ @足利市総合運動場 軟式球場
              対戦校:習志野(千葉県)・矢板中央(栃木県)・青梅総合(東京都)・橘(福島県)
     29・30日(日・月):決勝トーナメント
     31日(火):帯広到着 
   4月1日(水):南商球場作り?
     2~5日(木~日):練習試合(札幌啓成・札幌北斗・帯大谷) @南商球場? 





立春が過ぎました                                                2015.2.9

 グラウンドは雪に覆われ、まだまだ寒い日は続いていますが、日が暮れる時間は遅くなりつつあります。そんな僅かばかりの春の気配が、たいへん嬉しく感じられます。3月26日(木)の開会式からスタートする、「東日本高校女子ソフトボール大会」への協会推薦が正式に決定しました。開催地は、栃木県足利市です。参加32チームを8つのリーグに分けて戦い、その後は各リーグ1・2位(計16チーム)が上位トーナメント、各リーグ3・4位(計16チーム)が下位トーナメントで競うことになります。
 雪が残る北海道を離れ、本州で開催される大会に参加できることは、チームの今後の方向性や可能性を考える(占う)意味でも、たいへん有意義な機会だと捉えています。加えて、冬の室内トレーニングに取り組んでいる選手にとっても、モチベーションの維持と高揚に繋がっていますし、それは新しいシーズンへの糧にもなるでしょう。選手は、鍛えた心身を発揮できる日を心待ちにしております。
 2009年に参加した際は、残念ながら予選リーグおよびトーナメントをとおして勝利を掴むことはできませんでしたが、今回、選手は頂点を目指して戦う「気持ち」があるとともに、充分にその資格があると感じています。守備練習に時間を費やせていませんが、チームの特性である攻撃力・機動力を全面に押し出し、ゲームを作りたいと思っています。

 まだまだ寒い日が続いていますから、どうぞご自愛ください。特に受験生のみなさんは体調管理を徹底して、受験勉強を乗り越えて下さい。必勝祈願!! 立春を過ぎました。たいへん遅くなりましたが、今年も南商ソフトボール部への、ご支援ご声援をよろしくお願いいたします。


  《追記》
   2000年4月から15年間、南商ソフトボール部の部長を務めてきた工藤弘充先生が、1月31日
  に急逝されました。私とは14年間、「二人三脚」で南商ソフトボール部に携わってきました。
  残念でなりません。残念にもほどがあります。
   これまでに数多の部員の成長を優しく見守り、南商ソフトボール部の発展に尽力される工
  藤先生の真摯な取り組みを忘れず、そしてしっかりと継承しなければなりません。工藤先生、
  どうか南商ソフトボール部員の活躍を見守ってください。
   謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



新人戦全道大会は準優勝でした!!                                 2014.10.16

 最低気温が氷点下となる観測地点が増えたことから、間もなく北海道に長い冬が訪れることを知らせています。風邪が流行しています。どうぞご自愛ください。
 9月27・28日、石狩市ソフトボール場で開催された「新人戦全道大会」に出場しました。今シーズン初めての全道大会という不安要素は抱えていましたが、お得意の「先行逃げ切り」に持ち込めるように心身の準備をしてきました。結果的には、走攻守に躍動感が見られ、決勝戦を除く3試合全てで先取点を挙げゲームの主導権を握ることに成功しました。
 また、同点に追いつかれる、逆転を許す展開になっても、選手は<積み重ねてきた凡事を信じて>グラウンドに堂々と立ち、自分とチームメイトを叱咤激励して勝利を手にしましたから、ひと夏を越えた選手の技術的・精神的な成長を実感できる大会となりました。
 決勝戦で敗れはしたものの、攻撃面では前述した<積み重ねた凡事>が通用することを確認できました。コーチとしては、来年度の高体連に向けて修正点をあぶり出し、次なる対戦に備えたいと思えるに充分な内容でした。その何倍も守備の精度を上げるためのトレーニングが必要なことを痛感させられましたが・・・
 それでも、この6年ぶりの準優勝によって来春の『東日本大会』に出場する機会を得たのは、たいへん喜ばしいことです。強豪校との対戦は、必然的にチーム力をアップさせてくれるとともに、選手に自己変革の必要性を促し、練習へのモチベーションの上昇に繋がります。勿論、コーチとしてトレーニングメニューを精選することが要求されますが、各チームの練習メニューや優秀な選手の技術を観られること、新たな戦術に出会えることが楽しみでなりません。
 この大会をもって2014シーズンの公式戦スケジュールが終了しましたが、今シーズンもたくさんのご声援をいただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。選手もベンチも、たくさんの勇気をもらうことができました。ありがとうございました。
 毎年、書かせてもらっていますが、来シーズンには、より洗練されたソフトボールを披露できるように選手ともども精進いたします。今後とも、南商ソフトボール部に対するご支援をよろしくお願いいたします。

   ≪新人戦全道大会の結果≫  
     初戦:小樽桜陽 0-15 南商  2回戦:札東商 3-5 南商  
     準決勝:札啓成 4-10 南商  決勝:三愛 7-0 南商
     責任投手は、すべて中村





ご無沙汰しています                                               2014.9.4

 連日の猛暑日のあとは、記録的な大雨。各地に大きな爪痕を残した夏が、足早に過ぎ去ろうとしています。さよなら夏の日。最低気温が10℃まで下がる日もあり、街はすっかり秋めいてきました。寒暖差が大きくなっていますから、どうぞご自愛ください。

①5月23日(土) 高体連地区予選会 準優勝
 3年連続の1点差負けとなりました。選手には、かける言葉が見つかりませんでした。満を持して臨んだ大会でしたが、ここ2年間負けているプレッシャーからか、南商らしさを全開できない大会になってしまいました。『前方の大石に目を奪われ 足下の小石に躓く』ことのないように、練習に取り組んできたつもりですが、どこかに慢心があったのかも知れません。
 スポーツ選手が、教訓ばかり身につけても仕方ありませんから、25連覇していた「南商ソフト部・王者のメンタリティー」を復活できるような練習メニュー、選手への接し方を考えなければならないことを認識させられました。

②7月12・13日(土・日) 国体全道大会 @石狩市 十勝選抜ベスト8
 13人の十勝選抜チームに、南商からは5人が参加。3年生は、高校生活最後の大会になりましたが、南商ソフト部らしい走攻守を披露できたようです。
 1年生の頃からレギュラーを張ってきたメンバーですから、どんなステージでも自分の積み上げてきたことを発揮できて当然です。今後、それぞれの進路に向かいますが「自分らしさ」を失うことなく、素直で明るく元気に、人生を歩んでもらいたいと願っています。

③8月6~10日(火~日) 北海道オープン研修大会 @倶知安町 3位
 恒例である「二部練」「三段階目トレーニング」「遠征」に取り組み、全勝優勝を目標に乗り込みました。3年生が引退して<=引き算>、埋めなければならないポジションは4つ。簡単な<足し算>のように感じますが、新チームは単純な加減法では済みません。
 選手の努力の積み重ねと、コーチの選手に対する適性判断が合致してポジションが埋まったように見えても、守備の全体的なバランスが崩れてしまうこと、打線が繋がりを無くしてしまうことがあります。これは、どの新チームも抱える夏の難題でしょう。
 そして、コーチのマネジメント次第では(練習メニューの選択/その内容と実施時期、選手の適性判断の是非など)、チームは<引き算のまま>にも<割り算>にもなってしまいます。たいへん怖ろしいことです。
 されど、選手の努力が絶対条件ではありますが、このマネジメントを間違わなければ新チームは思いも寄らない化学反応を起こし<=かけ算>、チームの総合力は飛躍的に向上します。目指さなければならないのは、この<かけ算>です。
 遠征初日の惨憺たるゲーム内容と結果を良き触媒として、徐々に選手個々の意識の変容が観られ、チームは<かけ算>で夏の練習と遠征を終えられたと感じました。されど、満足はしていません。スポーツ選手・コーチは、いつでも不満足でなければいけないと思っています。
 対戦していただいたチームの選手およびコーチのみなさんをはじめ、夏の陽差しのなかジャッジに汗を流した審判団のみなんさん、グラウンドの管理に奮闘された倶知安ソフトボール協会のみなさん、バックアップしていただいた北海道トンボ株式会社様、試合をしながら運営に奮闘し、たくさんの思いやりと優しさを届けてくれた大野農業高校ソフトボール部および父母会のみなさん。そして、昨年に引き続き遠征のホームとなったペンションLOCOMOTIONの大越さん。
 今年も多くの人に出会えた、かけがえのない夏にしていただき心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。新人戦全道大会にて好結果を導くことが恩返しになると信じて、今後の練習に取り組みます。
             

④8月16・17日(土・日) OG藤本さん(元日立ソフトウエア監督)による講習会 @南商
 北・北海道の選手74名が参加する、昨年同様に大規模なクリニックになりました。ウオームアップから基本練習、ポジションごとのトレーニングから実戦形式のメニュー。試合における戦術と配球講座まで幅広く指導していただきました。参加したチームは、必ずや新人戦地区予選にて好結果を導くことでしょう。藤本さん、またお願いいたします。
             

⑤8月30日(土) 新人戦地区予選会 優勝
 上記①~④を糧にして臨んだ大会。進路指導のため、夏休み明けから南商球場に足を運んだのは3回だけでしたが、選手個々の取り組みと夏の成長を信じていましたから、コーチとして全く不安はありませんでした。
 テクニック・メンタルの両方で改善の余地はありますが、継続されるレギュラー争い、自己実現の可能性を追求する姿勢をベースにして、全道大会に備えたいと思っています。今年はやります!!
 なお、大会当日には、現部員の保護者に加え、OGおよびOGの保護者など、たくさんの南商ソフト部の関係者が、応援に足を運んで下さいました。選手・ベンチともども、声援を勇気にすることができましたし、毎度のことですが、南商ソフト部の「歴史」と「絆」を感じずにはいられませんでした。ありがとうございました。
 そして、たくさんの差し入れもいただきました。この場をお借りして、お礼申し上げます。今後とも、南商ソフトボール部へのご支援とご声援を、よろしくお願いいたします。
             

 ≪高体連地区予選会の結果≫
  帯三条 4-7 南商  責任投手:中村
  帯大谷 4-3 南商  責任投手:中村

 ≪北海道オープンにて対戦したチーム(対戦順)≫ 10W3L ○数字は試合数
  札幌啓成・聖ウルスラ(青森県)・札幌北斗②・明成(宮城県)②・北見藤・
  桜陽/伊達・福島東陵②(福島県)・浜松市立(静岡県)・北都中・大野農業

 ≪新人戦地区予選会の結果≫  
  帯三条 3-13 南商  責任投手:中村
  帯大谷 0-7 南商  責任投手:中村

 ≪今後の予定≫
   ◎9月7日  練習試合(豊頃中) @南商球場
   ◎9月13・14日 練習試合(北見地区連合/釧路北陽/帯大谷) @南商球場
   ◎9月27・28日 新人戦全道大会 @石狩市ソフトボール場




春の2大会を終えて                                              2014.5.17

 例年より桜の開花が早まったことからも分かるように、たいへん暖かい(暑い)春になっています。そのため身体が順応できず、風邪をひいている人が多いように感じています。どうぞ、ご自愛ください。
 GWに開催された「東北海道大会」は勝利に拘泥せず、全選手に試合経験を積んでもらいながら、チームメイトとのポジション争いをしてもらう。加えて、選手の走攻守における適性や能力を見極めたいと考えたため、紅白2チームの出場を決めました。
 練習試合を含め、全選手がグラウンドに立つ機会(時間)に恵まれましたから、選手自身ができることとできないこと(=ベンチの求めているプレーが表現できるか否か)を認識・把握できたと思います。
 大事なのは、その課題を克服するために取り組まなければならないことを導き出す「思考力」、そして実際に改善のための行動に移す「実践力」があるかどうかです。コーチとして、課題の克服方法を先回りして伝えることなく、じっくり見守るつもりでいます。
 その1週間後に開催された「春季大会」は、<ひとつの南商>として初めての大会となりました。生まれたてのチームではありますが、高体連地区予選に向けて<内容&結果>を求めて大会に臨みました。
 されど、内容がともなわず、精神的な未熟さを露呈し、技術的な荒削りさが垣間見られた大会となりました。残念でなりません。
 優勝はしましたが、当然ながら今大会の結果には選手もコーチも満足していません。月末に開催される「高体連地区予選会」で優勝しなければ、全道大会への出場は叶いませんから、望んだ結果を導けるように入念な準備と調整を行い、大会当日を迎えるつもりでいます。決して、昨年のような過ちは繰り返しません。
 なお、両大会には現役選手の保護者をはじめ、OGおよびOG保護者の皆様が応援に駆けつけてくださったうえに、たくさんの差し入れをいただきました。改めて、南商ソフトボールの部の伝統と絆を確認することができました。お礼申し上げます。ありがとうございました。
 高体連地区予選会は平日開催になりますが、都合がつきましたら会場に足を運んでいただき、選手に声援を送って下されば幸いです。

 ≪追記≫
  釧路遠征では、釧路ソフトボール協会役員の皆様、専門委員の東先生、宿泊先となったエス
 カル釧路の皆様には、たいへんお世話になりました。この場を借りてお礼申しあげます。




シーズン開幕に向けて                                            2014.4.24

 2月中旬には、南商球場の土が顔を見せ始めたため、『今シーズンは、例年よりも早く球場作りができる!!』と意気込んでいましたが、3月になってまとまった雪が・・・
 結局、例年より10日以上遅い球場作りとなってしまいました。それでも「身体作りと基礎トレを入念にできた」と、前向きに考えています。
 今シーズンの新入部員は5名でした。これによって選手19名&マネージャー2名となり、球場全体が久々の<大所帯感>に包まれています。部員増加によりGWに開催される東北海道大会には2チームを出場することにしましたから、全選手がアピールの機会を手にしたことになります。同時にレギュラー争いの熾烈化は勿論ですが、ベンチ入りメンバー18名入りを賭けた戦いの火蓋が切られた訳です。
 チーム内での競争が、選手の成長には必要不可欠だと考えていましたから、部員数が増加したことは大歓迎であるとともに、コーチとして預かる「青春の重さ」を実感して、気持ちを引き締めています。
 5月23日(金)に開催される「高体連地区予選会」までは、過密なスケジュールになりますが、体調管理に十分な配慮をして、選手ともども、直向きにソフトボールに取り組みたい気持ちでいっぱいです。
 今シーズンも南商球場で、試合会場で、例年と変わらぬご支援とご声援を、よろしくお願いいたします。
 
 ≪追伸≫
  三愛さんの『全国選抜優勝』おめでとうございます。そして、有形および無形の刺激をいただき、
  心から感謝いたします。ありがとうございました。  

 ≪今後の予定≫ 
  4月29日   練習試合:釧路北陽@南商球場
  4月30日   父母会総会 @南商会議室
  5月 3・4日  東北海道大会@釧路市(南商は2チーム出場します)
  5月5日    練習試合@釧路市
  5月11日   春季大会@札内川河川敷ソフトボール場     


新人戦全道大会を終えて                                         2013.11.11

 最低気温が氷点下となる観測地点が増えたことから、間もなく北海道に長い冬が訪れることを知らせています。風邪が流行しています。どうぞご自愛ください。
 9月14・15日、石狩市ソフトボール場で開催された「新人戦全道大会」に出場しました。硬さの見られた初戦を何とか勝ち抜け、優勝候補の三愛との対戦を迎えました。
 南商球場では、三愛戦への対策を練ってトレーニングを積み重ねましたが、肝心な場面 での失策が響き、惜しくも次のラウンドに進む権利を失いました。
 「通用する部分」と「チームとしての隙(課題)」「埋めなければならない差」を見つけら れた敗戦となりました。間違いなく、選手への道標となったはずです。課題の克服は、口で言うほど簡単な作業ではありませんが、選手全員が明確な目的意識を持ち、諦めず、妥協せず、厳しいトレーニングに精を出してくれるはずです。
 この大会をもって2013シーズンの公式戦スケジュールが終了しましたが、今シーズンもたくさんのご声援をいただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。選手もベンチも、たくさんの勇気をもらうことができました。ありがとうございました。
 毎年記していますが、来シーズンには、より洗練されたソフトボールを披露できるように精進いたします。今後とも、南商ソフトボール部に対するご支援をよろしくお願いいたします。

   ≪新人戦全道大会の結果≫  
     初  戦  当別 3-13 南商  責任投手:中村
     準々決勝  三愛 6―1 南商  責任投手:中村




処暑を過ぎましたが                                              2013.8.27

 記録的な暑さを記録した夏ですが、朝晩は、すっかり秋めいてきました。それでも、まだまだ暑い日が続いていますから、どうぞご自愛ください。
 ホームページの更新を怠っていました。誠に申し訳ありません。過ぎ去った3ヶ月を振り返りますが、お付き合いいただければ幸いです。

①5月25日(土) 高体連地区予選会 準優勝
 『負けるとしたら、この試合展開以外にない』というパターンでの敗戦を喫しました。それでも、これだけの経験と実績があるメンバーを揃えながら、勝利を導くことができなかったコーチの責任は重大です。何故なら、もう、このチームでは公式戦に出場できなくなったのですから。選手のために「コーチとして、2度とこのような失敗を繰り返してはならない」と、深く心に刻む試合となりました。

②7月13・14日(土・日) 国体全道大会@倶知安町 十勝選抜ベスト8
 十勝選抜チーム(13人)に、2人の3年生が参加。ベスト8で敗退するも、南商ソフト部員らしい堅実な守備と、ボールに逆らわない打撃を披露してくれました。これまで続けてきた練習と努力は、決して間違っていなかったことを証明できたと思います。それだけに、もっと多くのメンバーと一緒に、グラウンドに立たせてあげたかった。
 そして、この大会をもって3年生が、高校ソフトボールから引退することになったのです。たいへん残念でなりません。どんなときも笑顔を忘れず、いつも直向きに、いつでも真面目にソフトボールと向き合ってきた2人。これからも、いろんな場面で、そのスピリットを発揮してくれたらいいなと思っていますし、楽しい時間を共有できたことに心から感謝しています。

③8月5~9日(月~金) 北海道オープン研修大会@倶知安町
 FUKUJUSO CUP(岐阜県大垣市)への参加を思い止まり、10年ぶりに北海道オープンに参加させていただきました。1年生は、南商ソフト部として初めての遠征です。
 道内外のチームとの対戦をとおして、チームの課題と選手個々のレベルアップの必要性を焙り出す機会に恵まれました。また、ソフトボールによる出会い(新しい絆)も生まれ、たいへん良い遠征になりました。
 対戦していただいたチームの選手およびコーチのみなさん、真夏日のもと正確なジャッジしていただいた審判団のみなんさん、グラウンドの提供と管理をしていただいた倶知安ソフトボール協会のみなさん、バックアップしていただいた北海道トンボ株式会社様、運営に奮闘しながらも、たくさんの優しさを届けてくれた大野農業高校ソフトボール部および父母会のみなさん。そして、今回の遠征のホームとなったペンションLOCOMOTIONの大越さん。
 多くの人に出会えた、かけがえのない夏になり感謝しています。本当にありがとうございました。いつか、どこかで恩返しができればと思っています。

④8月17・18日(土・日) OG藤本さん(元日立ソフトウエア監督)による講習会@南商
 北・北海道の選手80名以上が参加する、大規模なクリニックになりました。基本から実戦形式のメニューまで、多岐にわたりコーチングしていただきました。新人戦に向けて、大いに参考になる内容でした。
 現在、南商ソフト部OGが日本リーグで活躍しているのは1人だけですから、藤本さんの指導を忘れず、多くの選手が日本リーグへ羽ばたいてもらいたいと思います。

⑤8月24日(土) 新人戦地区予選会 優勝
 「二部練」「三段階目トレーニング」「遠征」に取り組んだ夏休み。ひと夏を越えた1年生が、少しずつ南商ソフト部の戦略・戦術にアジャストしながら、2年生とのハーモニーを奏でられるようになったため、思ったとおりの結果が導かれました。現段階では、及第点をもらえる状態なのではないでしょうか。されど、まだまだ良くなります。妥協することなく、精進を続けられる環境を提供したいと考えています。
 なお、大会当日には、現部員の保護者に加え、OG・OGの保護者など、たくさんの南商ソフト部の関係者が、応援に足を運んで下さいました。選手・ベンチともども、声援を勇気にすることができましたし、毎度のことですが、南商ソフト部の「歴史」と「絆」を感じずにはいられませんでした。ありがとうございました。
 そして、たくさんの差し入れもいただきました。この場をお借りして、お礼申し上げます。今後とも、南商ソフトボール部へのご支援とご声援を、よろしくお願いいたします。

⑥新人戦全道大会に向けて 
 3週間後に控える全道大会までには、チームおよび個人の課題をビックアップして、「決勝戦でプレーする」という目標を達成できるように、時間を有効に活用しなければならないと考えています。そのためには、南商球場での<実戦を意識した取り組み>が重要になるでしょうし、私自身が手綱を緩めず、選手に接したいと思っています。
 時間の都合がつきましたら、是非とも、南商球場や試合会場に足を運んでいただき、選手に声をかけてあげてください。お願いいたします。

   ≪新人戦地区予選会の結果≫
     帯三条 3-17 南商  責任投手:中村
     帯大谷 3-2 南商  責任投手:中村

   ≪北海道オープンにて対戦したチーム(対戦順)≫ 7W3L2D ○数字は試合数
     明成(宮城県)・札幌北斗②・習志野(千葉県)③・北見藤・札幌啓成・ 
     浜松市立(静岡県)②・弘前学院聖愛(青森県)②

   ≪新人戦地区予選会の結果≫
     帯三条 0-10 南商  責任投手:中村
     帯大谷 1-6 南商  責任投手:中村
   
   ≪今後の予定≫ 
     9月14・15日 新人戦全道大会(会場:石狩市ソフトボール場)
   
  

            


春の大会を終えて                                               2013.5.14

 寒い春になっています。桜の開花が遅れるとともに、農作物への影響も心配されます。そして、相変わらず寒暖差の大きい日が続いておりますから、どうぞご自愛ください。
 12日の「春季大会」は中止になりましたが、3・4日に開催された「東北海道大会」では、見事に優勝することができました。大会では勝利を追求しましたが、冬トレを乗り越えた2・3年生の成長の把握、ルーキーの可能性(潜在能力)の発見がメインテーマでした。
 生まれたてのチームですから、所々に粗い部分や不確定なプレーが見られましたが、充分に修正可能であるし、チームとしての大いなる可能性を確認できる大会になりました。
 間もなく開催される、全道大会への出場権を懸けた「高体連地区予選会」では、内容・結果ともに『◎』を付けてもらえるよう、しっかり調整をしたいと考えています。
 なお、今大会にも、ソフトボール部父母会をはじめ、OGおよびOGの保護者の皆様が応援に駆けつけてくれたうえに、たくさんの差し入れをいただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。
 高体連地区予選会は、平日開催ではありますが、スケジュール調整ができましたならば、是非とも、会場に足を運んでいただき、選手に『ガンバレよ!!』と、ひと声をかけてくだされば幸いです。
 
  ≪東北海道大会の結果≫
    2R:北見緑陵 0-12 南商 責任投手(中村)
    SF:帯三条 4-14  南商 責任投手(中村)
    F:帯大谷 0-3    南商 責任投手(中村)

  ≪5月の大会および練習試合の予定≫
    ◎16・17日:中間テスト
    ◎18・19日:練習試合<北見藤>@南商球場(PB10時半)
    ◎24日:高体連十勝地区予選会@札内川河川敷ソフトボール場(開会式9時)
        参加校:帯大谷・帯三条
    ◎26日:練習試合<北見商/佐呂間合同>@南商球場(PB10時)
    ◎27日:保育所訪問@ときわの森保育所
 
  

            

≪追記≫
 5月11日(土)、『南商ソフトボール部OG会の集い~結ぶ~』が、クラブの設立者である石井先生や歴代のコーチが顔を揃えるなか、ホテル日航ノースランド帯広を会場にして盛大に開催されました。
 1969年創部の伝統あるクラブですから、集った130名ほどの「なでしこ」の顔ぶれは実に多彩。そして元気溌剌。心から楽しめ、かけがえのない縁を感じられる、ステキな宴となりました。

新チームの出発進行です!!                                        2013.4.17

 暴風雪(雪害)による事故が多かった、今年の北海道。自然への畏怖を感じずにはいられません。それでも、自然からいっぱいエネルギーをもらって、前に進みたいと思っています。
 今年は、これまで以上にHPにて南商ソフトボール部員の奮闘を綴ろうと考えていますから、お読みいただければ幸いです。
 2月末、父母会による融雪剤散布が功を奏し、選手が南商球場に飛び出したのは、昨年よりも早い3月16日。降雪による中断を余儀なくされたものの、3月25日からは、再び屋外練習に汗を流すことができました。
 春休み中にクリアしておかなければならないメニューを終え、現在は本格的なシーズン・インに向けて、徐々にペースを上げている段階です。
 ‘13シーズンの新入部員は、なんと10名!!これまでの部員不足が、遠い過去に感じられるほど、南商球場は活気に満ちています。総勢で16名になりましたから、多種多様な練習メニューが組めます。
 つまりは、コーチとしての手腕が問われるわけです。このプレッシャーを勇気に替えて、今シーズンは「全道大会において昨年以上の結果」を追求します。
 5月24日(金)にある高体連地区予選会までは、過密なスケジュールになりますが、体調管理に十分な配慮をして、選手ともども、直向きにソフトボールに取り組みたい気持ちでいっぱいです。
 今シーズンも南商球場で、試合会場で、例年と変わらぬご支援とご声援を、よろしくお願いいたします。   
  ≪今後の予定≫ 
   4月19日   父母会総会 @南商会議室
   4月20日   練習試合:八中@南商球場
   4月24~26日 宿泊研修(1年生@糠平)
   5月 3・4日  東北海道大会@札内川河川敷ソフトボール場
   5月5・6日   練習試合@南商球場など
   5月12日    春季大会@札内川河川敷ソフトボール場   
  

            


新人戦全道大会を終えて                                        2012.10.19

 ひと雨ごとに秋が深まり、木々の様子や吹く風に、冬が確実に近づいていることを知らされます。体調管理が難しい季節になっておりますから、どうぞご自愛下さいませ。
 9月29・30日の両日、石狩市ソフトボール場で開催された「新人戦全道大会」に参加しました。部員6人に、助っ人の3人を加えて、地区予選を勝ち上がったチームです。無欲ながらも、いま発揮できる力を披露することを目標にして大会に臨みました。
 初戦を逆転で勝ち抜けて、迎えた準々決勝。シーソゲームとなり、4-4のタイスコアのまま、タイブレーカーに突入。8回表に4点を取られるも、その裏に4点を取り返す「南商の底力」を存分に発揮しましたが、トーナメントからは姿を消すことになりました。
 たった9人のチームながらも、勝ち抜ける力は充分にありましたから、たいへん勿体ないゲームとなりました。それでも、この悔しさと諦めない精神力を糧にして、冬のトレーニングを乗り越え、さらに心身のパワーを育んでもらいたいと感じています。
 この大会をもって、今シーズンの公式戦のスケジュールが終了しました。20年ぶりの当番校で迎えた高体連全道大会は、準決勝で涙を呑みました。新人戦全道大会は、驚異的な粘りを見せながら、準々決勝での敗退となりました。しかし、ふたつの全道大会を経験した選手は、来シーズンに向けて大きく成長してくれることと思います。
 そして、今シーズンもたくさんのご声援をいただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。選手もベンチも、計り知れないほどの勇気をもらうことができました。来シーズンには、より洗練されたソフトボールを披露できるように精進いたします。今後とも、南商ソフトボール部に対する、ご声援とご支援をよろしくお願いいたします。           
 ≪新人戦全道大会の結果≫
   1回戦  函館遺愛 3-5 南 商  責任投手:沓名
   準々決勝(延長9回) 札東商業15-8南商 責任投手:沓名
            


新人戦優勝。全てのことに『感謝』です                             2012.8.28

 残暑お見舞い申し上げます。風は秋色になりましたが、日中は夏そのもの。体調管理の難しい季節ですから、どうぞご自愛ください。
 25日に開催された「新人戦地区予選会」。6人の部員に、心ある3人の助っ人を加えてのエントリーとなりました。助っ人の3人は、日替わりで練習に顔を出してくれていましたが、全員が揃ったのは大会前日の放課後(しかし、土砂降りでした)。シートノックは、当日の試合前だけという、まさに「ぶっつけ本番」で臨んだ大会でした。
 それでも、各選手が持ち味を充分に発揮して、リーグ戦を連勝。見事に全道大会の出場権を獲得しました。助っ人3人の活躍に加え、6人の部員が夏のトレーニングを乗り越え成長し、高体連全道大会3位まで勝ち進んだ経験を表現できたことが勝因だと考えます。これからも、全員が揃う日は限られますが、できることを前向きに、妥協しないで取り組みたいと思います。
 なお、大会当日には、現部員および助っ人の保護者に加え、OGやOGの保護者など、たくさんの関係者が応援に足を運んで下さいました。選手・ベンチともども、声援を勇気にすることができましたし、南商ソフト部の「歴史」と「絆」を感じずにはいられませんでした。本当にありがとうございました。そして、たくさんの差し入れもいただきました。この場をお借りして、お礼申し上げます。
 1ヶ月後の全道大会までには、チームとして成長しながら、各選手が持ち味を発揮できるように調整したいと考えていますので、今後とも、南商ソフトボール部へのご支援とご声援を、よろしくお願いいたします。           
 ≪新人戦地区予選会の結果≫
   帯三条 4-12 南商  責任投手:沓名
   帯大谷 1- 3 南商  責任投手:沓名
           
 ≪今後の予定≫
   ◎9月29・30日 新人戦全道大会(会場:石狩市ソフトボール場)



高体連全道大会を終えて
                                         2012.7.19

 間もなく、プロ野球のオールスター・ゲームが開催され、高校野球も地区予選が佳境を迎えています。ソフトボールも、多くが新チームになって活動を始めていることでしょう。
 6月16~18日、20年ぶりの当番校として開催された高体連全道大会。南商らしいゲーム運びで2試合を勝ち抜き、準決勝を迎えるはずでしたが、準々決勝において選手のひとりが負傷。選手が9人しかいないため、準決勝を棄権することになりました。無念。
 これまで、三愛さんとのゲームをイメージしながらトレーニングを積み、自分たちの真価(進化)を問うつもりでしたから、ゲームを目前に、戦わずしてトーナメントを去る選手の悔しさは計り知れませんし、悲劇的でもありました。
 3年生3人の競技生活は、突然、終わりを迎えました。3人の実力は、充分に全道大会レベルでも上等でした。これからは、南商ソフトボール部で培った心身の強さと、それぞれの個性を武器にして、人生を一歩ずつ進んで行ってください。期待しています。これまで、本当にご苦労さま。スケジュール調整をして、練習に顔を出してください。
 全道大会では、たくさんの方が声援を送ってくださいました。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。改めて、1969年創部という、南商ソフトボール部の歴史を感じました。
 現部員は6人と少数ですが、部訓である『全身全力』を合言葉にして、夏のハード・トレーニングを乗り越え、来るべき新人戦に向かいますので、応援していただければ幸いです。
 ≪高体連全道大会の試合結果≫
   1回戦  北見緑陵 0-5  南商  責任投手:中村
   準々決勝 札幌北斗 2-4  南商  責任投手:中村  
   準決勝  とわの森三愛 不戦敗 → 全道大会3位入賞 優秀選手賞:中村
            
≪今後の予定≫
  ◎7月21日 練習試合:帯三条/豊頃中(会場:南商球場)PB9時 
  ◎7月28・29日 全国実業団大会のお手伝い(会場:南町球場)  



高体連地区予選会は準優勝に終わる                                 2012.5.30

 なかなか気温が上がらないなか、久しぶりに顔を見せた太陽のもと、5月25日に「高体連地区予選会」が開催されました。
 昨シーズン失った誇りを取り返すべく臨んだ大会でしたが、残念ながら1勝1敗の2位に終わってしまいました。特に帯大谷戦は、延長戦にもつれ込みながらサヨナラ負けを喫し、これで3試合連続の「0-1敗戦」という悔しいものとなりました。
 敗因は、チャンスに一本が出ないこと。残塁は8を数えましたから、今後は選手個々の修正点をあぶり出しながら打撃練習に取り組み、全道大会において現状を打開したいと考えています。 全道大会は、20年ぶりの当番校として迎えることになります。ちなみに、前回は見事に全道優勝。そしてそれ以来、南商ソフトボール部は全道大会を制覇できていません。選手は、南商らしく粘り強く、全心全力で戦ってくれるはずです。期待してください。
 なお、大会当日は、OGおよびOGの保護者、そして南商ソフトボール部を応援してくださっている多くの方々が会場に駆けつけて、声援を送ってくださいました。この場を借りて、お礼を申し上げます。
 ≪高体連地区予選会の結果≫
   帯大谷 1x-0(延長8回) 南商 責任投手(中村)
   帯三条 1-15  南商 責任投手(中村)
            
≪今後の大会および練習試合の予定≫   
  ◎ 9日 練習試合 札東商(会場:南商球場)
  ◎10日 練習試合 豊頃中(会場:南商球場) 父母会主催の激励会
  ◎15日 高体連全道大会ドロー会議(会場:南商会議室)
   16・17日 高体連全道大会(会場:札内川河川敷ソフトボール場/南商球場)


春季大会を終えて                                                  2012.5.16

 20桜は見頃を過ぎましたが、寒暖差の激しい日が続いています。体調管理が難しい状況ですから、どうぞご自愛ください。
 今シーズンの新入部員は4名。決して多くはありませんが、各選手ともポテンシャルが高いうえに、チーム戦術にしっかりアジャスト(適応)できていますから、今後の成長に期待が持てます。
 13日には「春季大会」が実施され、残念ながら優勝できませんでした。生まれたてのチームとしては、内容のあるゲームを展開できたと思いますが、それでも敗戦は敗戦。しっかりと結果(現実)を受け入れなければなりません。
 月末には、高体連地区予選会があります。選手(2・3年生)は、昨年26連覇を阻まれた悔しさを忘れておらず、優勝杯および失ったプライドを取り返すことしか考えていません。春季大会での敗戦をネッセサリー・ロスにするために、感性に頼りきるのではなく、冷静にゲームに臨み、理性的にゲームを進めてもらいたいと考えています。コーチとして、次なる大会までに、伝えるべきことを精選してチームを仕上げるつもりでいます。
 なお春季大会には、ソフトボール部父母会のほか、たくさんのOGおよび保護者のみなさまが応援に駆けつけてくれました。この場を借りて、お礼申し上げます。
 高体連地区予選会は、平日開催ではありますが、スケジュール調整が付きましたら、是非とも会場に足を運んでいただき、選手にひと声かけていただければ幸いです。よろしく、お願いいたします。
 ≪春季大会の結果≫
  帯三条 0-13 南商 責任投手(中村)
  帯大谷 1-0 南商 責任投手(中村)
            
≪今後の大会および練習試合の予定≫   
  ◎16~18日 中間テスト
  ◎19日 練習試合:豊頃中・北見藤/佐呂間合同・帯三条(会場:南商球場)PB9時
   20日 練習試合:八千代中・北見藤/佐呂間合同(会場:南商球場)PB9時
  ◎25日 高体連十勝地区予選会(会場:札内川河川敷ソフトボール場)
      参加校:帯大谷・帯三条