本文へスキップ

各種検定取得状況- Qualification Examination News -

 全商検定1級3種目以上合格者133名‼ 
            全種目(9冠)1名 8種目1名 7種目6名

 平成30年度、全国商業高等学校協会主催検定において1級3種目以上合格者(以下3冠)が、
133名となりました。惜しくも5年連続全道1位(今年度は2位)とはなりませんでした。朝
早く登校し検定勉強に励む者、放課後に仲間と切磋琢磨している者、部活動後に睡魔と戦いなが
ら頑張る者、大会や考査、行事など様々な事を取り組みがある中で、多くの生徒(3冠取得とな
らなかった生徒も)が自ら進んで検定取得に励みました。ここに卒業後の南商生の生きる力が凝
縮されていると思います。よく頑張りました。



≪全商検定9種目≫  
〇珠算・電卓実務検定試験(珠算と電卓で2種目)  〇簿記実務検定試験  
〇ビジネス文書実務検定試験  〇英語検定試験  
〇情報処理検定試験(ビジネス情報とプログラミングで2種目)  
〇商業経済検定試験  〇会計実務検定

全国商業高等学校協会主催検定 全9種目1級合格 3年 山川穂乃果

 全商検定9種目すべてにおいて1級を取得
しました。昨年度卒業生の久保さんに続き、
北海道ではただ1人、山川さんだけが全種目
に合格しています。
 山川さんはOAビジネス部に所属し、情報
処理の全国大会出場や北海道高等学校産業教
育意見・体験発表大会で優秀賞を獲得するな
ど、様々な活動を自主的に取り組んできまし
た。






 これまでの3冠取得状況

  ★平成29年度卒業生  151名
  ★平成28年度卒業生  176名

  ★平成27年度卒業生  147名
  ★平成26年度卒業生  163名

  ★平成25年度卒業生  151名
  ★平成24年度卒業生  146名
  ★平成23年度卒業生  130名
  ★平成22年度卒業生  122名
  ★平成21年度卒業生  101名
  ★平成20年度卒業生  109名

  
11年連続100名以上3冠取得者輩出中!
  ※6年連続3冠取得3冠取得率 75%以上!

  ★商業科通信(H30.2.22発行).pdf へのリンク


 全商検定以外の検定

  情報処理推進機構主催 基本情報技術者試験・ITパスポート試験
  日本商工会議所主催 簿記検定
  全国珠算教育連盟主催 珠算検定・暗算検定
  実務技能検定協会主催 秘書技能検定
  日本漢字能力検定協会主催 漢字能力検定
  日本書写技能検定協会主催 硬筆書写技能検定
  日本英語検定協会主催 実用英語検            など

  ※最近は、社会人としてのマナーや心構えを学習することができる
   秘書検定の受験者が増えてきています


 合格体験記 ~先輩からのメッセージ~           ※名前をクリックしてご覧ください

  □丹羽絵里華(4冠、小樽商科大学夜間主コース進学、札幌市役所就職、平成29年度卒業生)

     私は小樽商科大学の夜間主コースと、札幌市役所に合格しました。もともとは公務員志望でしたが、進学し
    て職業選択の幅を広げたいと思い、3年生になってから進学を決めました。札幌市役所への受験は、それまで
    公務員対策を行っていたので、腕試しのつもりで受験をしました。
     札幌市役所では、一次筆記試験・一次面接を経て、二次面接と三段階での試験が行われました。また、小樽
    商科大学夜間主コースは、推薦入試のため、小論文と面接が行われました。大学受験の準備は夏休みから行い
    ましたが、市役所の試験は、筆記試験に受かってから、面接試験の準備を始めました。両方に合格できたのは、
    3年間の高校生活での取り組みがあったからこそだと感じています。
     私は1年生の後半から生徒会執行部に所属し、エコ委員長や副会長として、様々な活動をしながらも、部活
    動では女子サッカー部に所属し、日々の練習や大会出場を通じて、精神面や体力・技術面の向上に努めました。
    また、普段の授業やテストにもしっかり取り組み、多くの検定取得も果たしました。部活動も生徒会も、自分
    で選んで活動していたので、すべての活動では手を抜かずに取り組む意識を持ち続けました。その結果、自分
    自身に自信を持ち、強い信念を持って行動することが出来るようになりました。特に大学、市役所の面接では、
    自己アピールがかなり重要だと思いますが、自信を持って話せる内容があったからこそ、合格に繋がったのだ
    と思います。
     私は高校3年間で、興味のある活動や、やりたいと思ったことはすべて参加してきました。なぜなら、それ
    らの活動は今しか出来ないことだからです。成功や失敗を経験しながらも、自分の経験値を上げ、自分に自信
    が持てるようになったことが、進路実現につながりました。進路希望が決まっている人、まだ迷っている人、
    残された高校生活の中で、自分が興味・関心ある活動を積極的にやってみて下さい。それがきっと進路実現に
    繋がります。

  □久保奈菜美(9冠、ホクレン農業協同組合連合会帯広支所就職、平成29年度卒業生)

     わたしが9冠を意識したのは2年生の3学期、担任の先生に勧められてからです。入学当初は3冠取れれば
    いいと思っていました。ですが自分のスキルを形にできるものは検定だと思ったのと、自分がどこまでいける
    のかを知りたかったので受けられるものはすべて受け、2年生のうちに1級7種目を取得することが出来まし
    た。残りは3年生になってから授業で選択したり、直接先生に教えてもらったりしました。
     検定に落ちたときは本当に悔しかったのでたくさん勉強・練習してからリベンジしました。どの検定も一緒
    に勉強してくれた友達の存在がとても大きかったです。受かれば達成感が味わえたり自信につながりますし、
    受からなくても努力したという事実と身に着いた知識は一生モノになると思うので、将来検定が直接何かの役
    に立つかはわかりませんが挑戦してみる価値はあると思います。在校生の皆さんも3冠がゴールだと思わずさ
    らに上を目指して頑張ってほしいです。

  □安藤萌梨(8冠、税理士法人共明会計就職、平成28年度卒業生)

     私が検定取得に力を入れたいと思った理由は、南商で9冠を達成した生徒がいるという新聞記事を読んだか
    らです。高校生活では何か目標を達成したいと思っていたため、頑張るきっかけになりました。検定取得に向
    けては、日々の積み重ねが大切だと思いました。
     また、資格を取ることによって就職活動にも活かすことができました。応募前見学に伺ったときに、「エク
    セルはできる?」や「一分間に何文字くらい打てる?」などと聞かれアピールすることができました。
     惜しくも9冠を達成することができず悔しい気持ちもありますが、勉強したことで自分の知識として残りま
    すし、自信にもつながります。決して無駄にはならないと思いました。検定試験は努力なしでは受からないも
    のです。これから受験する人は、後悔のないように頑張ってください。

  □福田奈菜(7冠、株式会社十勝毎日新聞社就職、平成28年度卒業生)

     入学当初、私は三冠が取れればいいと思っていました。
     そんな私が七冠も取れた理由は、自分の性格にあると思っています。入学すると、各種検定について説明さ
    れる時間があります。その説明を聞き、努力次第で取れる検定がたくさんあることを知りました。授業で習っ
    て取得するものではない、自分で勉強して取れるものもとりたい!とそのとき思いました。自分がどれだけ冠
    数を増やせるのか、チャレンジしようと思いました。
     なので三年生の課題研究では、珠算を選択して1級を取得するためにがんばり、自分で勉強して英語検定な
    ども取得しました。
     南商はテストや漢コン、簿記コンなどもある中で検定も取得するので、勉強に追われて嫌になることもあり
    ますが、一度決めて目標に向かって努力し、目標を達成したときの喜びは何者にも変えがたいと私は思います。
    結果はもちろん評価され、進路活動にも有利になりますが、取得しようとがんばった過程も、今となっては良
    かったなと思うので、後輩の皆さんもぜひ三冠、もしくはそれ以上を目指してがんばってほしいなと思います!


  □中島香菜絵(7冠、栗田会計事務所就職、平成26年度卒業生)

     入学したときから、卒業後は就職したいと考えていましたので、高校生活では検定取得にとても力を入れま
    した。
     授業で取り組む科目もあれば、問題集を買って自分で学習しなければいけない科目もあります。ですが、ど
    の科目も先生にわからないところを聞いたら優しく教えてくださいますし、周りの友達も同じ検定を受けるの
    で、お互いに質問をし合いながら勉強することができます。
     しかし、一番大切なのは受けると決めたら、合格に向けてコツコツと毎日勉強することです。正直、検定試
    験の日がテストの時期と近かったり、部活が忙しい時期と重なったりと大変なことも多いですが、頑張った分
    だけ合格したときはとても嬉しいです。
     1級を取得することは簡単な事ではないですが、3年間頑張れば一生自分の武器になりますし、自信にも繋
    がります。こんなにたくさんの資格を取得することができるのは南商だけです。今の私があるのは南商のおか
    げです。南商に入って本当に良かったと思います。


バナースペース

北海道帯広南商業高等学校

〒080-2471
北海道帯広市西21条南5丁目36-1

TEL 0155-34-5852
FAX 0155-34-5875

※進路指導室直通
TEL 0155-36-9255
FAX 0155-36-0545